66

bomiと青柳文子が贈る秋の文化祭「とんでもない、トンガリだ、」レポ

bomiと青柳文子が贈る秋の文化祭「とんでもない、トンガリだ、」レポ

快速東京の一ノ瀬雄太さんのデザインによる「とんでもない、トンガリだ、」のロゴ

少し肌寒くなってきた秋の夜。2013年11月14日(木)、ここ東京は渋谷にある老舗ライブハウス「CLUB QUATTRO」にて、自然体で遊び心のあるリリックや、変幻自在な生命力溢れるライブパフォーマンスでシーンを魅了するてんぱり微炭酸ガールことbómiさんと、モデルとして青文字系と呼ばれるファッションシーンを席巻、最近では役者としても活躍する青柳文子さんがタッグを組み、共同で主催する文化祭イベント「とんでもない、トンガリだ、」(以下、とんトン)が開催された。

左:bomiさん/右:青柳文子さん

2人はもともと、2012年度からカルチャーをジャンルレスに発信するイベント「zipnight」を開催。今回の「とんトン」は、そんな「zipnight」が名前を改め、さらに規模を拡大させたイベントということになる。bómiさんが渋谷CLUB QUATTROにて3ヶ月連続開催する自主企画イベント「パーティーナイトでホールドミータイト♡」の記念すべき第1夜として開催された。

出演陣には、タイトル通り、2人が考える〝今とんがっているアーティストたち〟がセレクト。マルチアート集団・溺れたエビの検死報告書や、ショートハードロックバンド・快速東京、そして、天才パフォーマンス集団・TEMPURA KIDZ、気鋭のシンガーソングライター・大森靖子さんといった、ジャンルの垣根を超えた、とんがったアーティストたちが一同に集結し、迫力の宿った渾身のパフォーマンスを繰り広げた。

さらに会場では、アーティストのライブ以外にも、bómiさんや青柳さんご本人が私物を販売するフリーマーケット「マルシェ」や、「音楽」を主軸にさまざまなアーティストやライブイベントとコラボするイラストレーターのフクザワさんによる「似顔絵かなんかかく屋さん」、リアルなボディペイントで話題の大学生・チョーヒカルさんによる「チョーヒカルのコ・ミ・ペ・タ☆」など、売り手と買い手が間近で触れ合いながらコミュニケーションを取れる、個性豊かなブースも数多く展開された。

今回はそんなゆるくもあり、熱くもあった、笑顔と幸せに包まれながら幕を閉じたイベント「とんトン」の様子を、写真を交えながらお伝えしていく。

薄明かりの下で笑顔が溢れるブース

多くの来場者がブースを楽しんでいた

「とんトン」では、開場となる17時から、前述のbómiさんや青柳さん、そしてスタイリストの佐藤初音さん、雑誌『Zipper』のモデルなどで活躍する7Aさんによるフリーマーケットや、フクザワさんによる似顔絵屋さん、さらには、快速東京のギター・一ノ瀬雄太さんによる機材フリーマーケット「いちのせ機材☆大放出」、モデルの田中里奈さんによる「ゆるゆるサイン会」など、モデルさんやクリエイター自身が売り手として立つ、数多くのブースが出店された。

開始直後からブースには多くの来場者がおしかけ、モデルさんなど売り手ご本人と交流しながら、貴重な私物やグッズを手に取り楽しむ姿が見られた。薄明かりの下でさまざまなブースが立ち並び、多くの来場者が列をなす。まるでお祭りや文化祭のような光景が会場一面に広がっていた。

青柳さんとbómiさん監修のフリーマーケット「マルシェ」の様子

フリーマーケット「マルシェ」の様子/右:7Aさん

この日は「マルシェ」で青柳さんのコスメを購入すると、無料で青柳さんご本人からワンポイントメイクをしてもらえる超貴重なサービスも行われた

田中里奈さんによる「ゆるゆるサイン会」の様子 ファンとコミュニケーションを取りながら和やかな雰囲気で行われていた

「いちのせ機材☆大放出」の様子 貴重な機材や快速東京のかつてのTシャツなども販売された

この日1番ではないかというくらいの長蛇の列ができていたフクザワさんによる「似顔絵かなんかかく屋さん」の様子

フクザワさんに描いてもらった似顔絵と一緒に写真を撮らせていただいた来場者の女性 とっても幸せそうだった

「とんトン」の会場限定オフィシャルTシャツ デザイナーとしても活躍する快速東京の一ノ瀬さん(写真右)がデザインを手がけた

チョーヒカルさんの「コ・ミ・ペ・タ☆」の様子 タトゥーシールを貼ってもらい、そのままコミックの主人公になって写真が撮れる体験ブースが展開された

bómiさんの新曲「Party night で Hold me tight ♡」のMVで使用されているbomiさんのお面ブースも展開された

テンションの上がるトンガールたち

世界に1つだけのお菓子なネームプレートを作る体験ができる「おかしい屋のネームプレート作り」の様子

この日は開場となる17:00から19:00までの約2時間は、こうして個性豊かなブースを楽しむ時間。そして19:00からは、合間にブレイクタイムをはさみながら、とんがったアーティストたちによるライブパフォーマンスが繰り広げられた。もちろんライブ中でも、合間のブレイクタイムなどでブースを堪能することができた。
1
2
3

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「青柳文子」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 43

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ