189

どうなる? 日本の奇祭 かなまら祭が記念撮影用モニュメント自粛へ

どうなる? 日本の奇祭 かなまら祭が記念撮影用モニュメント自粛へ

画像は「かなまら祭」検索結果のスクリーンショット/モザイクは編集部

神奈川県にある若宮八幡宮の境内社・金山神社は、毎年4月の第1日曜日に開催されている「かなまら祭」において、次回開催時には、その名物の一つである巨大男性器を模した記念撮影用のモニュメントの設置を自粛することを発表した。

4月5日に行われた本行事の際に、祭の本義を無視した違法行為露出行為に対して対処・注意喚起を促すも、速やかに着衣の協力が得られなかったという理由から決断したという。

どうなる? 日本の奇祭

「かなまら祭」は、神奈川県川崎市にある若宮八幡宮で、商売繁盛・子孫繁栄・安産・縁結び・夫婦和合などを願って開催されている行事。

その起源は、江戸時代。川崎あたりに住んでいた飯盛女(娼婦)達が性病除け商売繁盛の願掛けを行ったことを発端に、祭が行われるようになったと言われている。

祭では、男根をモチーフにした神輿を「でっかいマーラー……」という他に類をみないかけ声のもと担いだり、ボールペンなどの男性器を模したグッズを数多く販売。また、今回、自粛が発表された記念撮影用の男根モニュメントにまたがり多くの人が写真を撮っている。

毎年、多くの見物客で賑わい、神社周辺は寿司詰め状態になるという。また、「日本の奇祭」をひと目見ようと訪れる外国人客の姿も少なくない。

その非日常的な光景に、一種のトランス状態となってしまうのか、全裸や度の過ぎた露出を行ってしまう参加者も後を絶たなかった。

「性と鍛冶屋の神」を祀る金山神社は違法行為を一切許しておらず、祭の根幹や本質を無視し、何をしても許されると勘違いした人々の違法行為、露出行為、無許可のパフォーマンスなどに対し、今回のような措置をとったと思われる。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

89
83
17
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ