32

石田祐康(tete)新作「陽なたのアオシグレ」、1日限定の劇場上映

石田祐康(tete)新作「陽なたのアオシグレ」、1日限定の劇場上映

「陽なたのアオシグレ」ポスタービジュアル Copyright 2013 Studio Colorido. All Rights Reserved .

アニメーション作家・石田祐康さんの最新アニメーション作品「陽なたのアオシグレ」がシネ・リーブル池袋にて、10月13日(日)に1日限定公開されることが分かった。

2009年、石田祐康さんはteteという名義で短編アニメーション「フミコの告白」を京都精華大学マンガ学部在籍時に制作し、YouTube等の動画サイトに公開。第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞やYouTube Video Awards Japan 2009などの数々の賞を受賞し、現在も260万再生を越えるビュー数を数えるほどの人気作品となっている。その後、短編アニメーション「rain town」も第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞に選ばれるなど、新時代のクリエイターとして最も注目を浴びる作家の一人となっている。

スタジオコロリドによる初作品

そんな石田さんの最新作「陽なたのアオシグレ」だが、自身初となる劇場公開が決まった。すでにベテランのアニメーターとして知られるなかむらたかしさんの「寫眞館」との同時上映となっている。「陽なたのアオシグレ」、「寫眞館」はスタジオコロリドhttp://colorido.co.jp/)の初作品。石田さん、なかむらさんの両名が在籍している新進気鋭のアニメスタジオだ。

「寫眞館」「陽なたのアオシグレ」劇場予告編

短編アニメーションという枠にとらわれない最先端の表現を、是非ともその目に焼き付けて欲しい。一日限定の超レアな公開となっているため、チケットの入手方法等については、シネ・リーブルのサイト(http://www.ttcg.jp/cinelibre_ikebukuro/topics/detail/24367)をしっかりと確認しておこう。なお、上映後にはイベントも予定されている。

「日なたのアオシグレ」スタッフ

監督・脚本:石田祐康
キャラクターデザイン・作画監督・原案協力:新井陽次郎
原画・動画・作画管理:間崎渓
色彩設計・色指定検査:のぼりはるこ(緋和)
音楽:市川淳
音響監督・音楽プロデュース:岩浪美和
音響効果:小山恭正
サウンドミキサー:山口貴之

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

18
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ