298

何だこれは! きゅんくんとミスiD近藤が美女アンドロイドを着せ替え

何だこれは! きゅんくんとミスiD近藤が美女アンドロイドを着せ替え

左からきゅんくんさん、近藤那央さん、そしてASUNA(着替える前)

10月31日、東京・新宿区霞ヶ丘町にある明治神宮外苑絵画館前で、美少女アンドロイドの服装を着せ替えるという企画が行われた。

コーディネートするのは、ロボティクスファッションクリエイターやモデルとしても活動するきゅんくんさんと、ペンギンロボットを開発する「TRYBOTS」代表で「ミスiD2015」受賞者でもある近藤那央さんだ。

美少女アンドロイドの名前はASUNA。彼女は11月3日まで「TOKYO DESIGNERS WEEK」内で開催されていた「スーパーロボット展」で受付をしていた。

きゅんくんさんと近藤那央さんは、モデルとして活動する一方で、ロボット関連の作品を制作するクリエイターだ。ともに「スーパーロボット展」にも参加しており、自身の作品を展示していた。

そんな2人が美少女アンドロイドをコーディネートするという今回の企画。編集部はとりあえず現場へ行ってきた。

まずは着替える前のASUNAを見てほしい

この上の写真は編集部が到着した時の状態。もうちょっとアップしてみよう。 うむ。美少女という表現が正しいのかはわからないが、とにかくきれいだ。 ASUNAは話すことも目線を合わすこともできる。開発したのはアンドロイドやアプリケーションなどを手がける会社・A-Labだ。

一通りASUNAを撮り終えたあと、今回の企画について同展のキュレーター・岡田智博さんに話を聞いてみた。

岡田 ASUNAは人と触れ合う中で成長するアンドロイド。さまざまな現場に出て、お話して、働くことで、機能も容姿も成長する。まさにファッショナブルな原宿・青山エリアで開催されている「TOKYO DESIGNERS WEEK」に出ることで、友だちも増え、おしゃれを覚えたのですよ。


もともとのASUNAの服装は男性がチョイスしたもので、たくさんの来場者と話すASUNAの姿を見て、女性が選んだかわいい服を着せてあげたいとい気持ちが強くなってきたようだ。

きゅんくんさんと近藤那央さんも同じ気持ちだったようで、モデルとしての実績を持っている2人がコーディネーターとして参加することになった。

ここからは2人が服を選ぶまでの道のりを紹介する。
【次のページ】きゅんくんと近藤那央がどんな服にするか相談
1
2
3

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「TOKYO DESIGNERS WEEK」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 77

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ