DS9

すたーとれっく でぃーぷ すぺーす ないん

『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』は、アメリカのSFテレビドラマシリーズ。『スタートレック』シリーズの3番目のテレビシリーズで、1993年から1999年にかけて放送された。日本では1996年から2002年にかけて途中中断をはさみながら放送された。

概要

時は24世紀、惑星ベイジョーは隣接するカーデシア連合から独立を勝ち取り、惑星連邦の保護統治下に入った。惑星ベイジョーの衛星軌道上に浮かぶカーデシアの鉱石加工宇宙ステーションテロック・ノールは、ベイジョー臨時政府の依頼により惑星連邦とベイジョーとの共同管理となり、「ディープ・スペース・ナイン」DS9 と改称された。

このDS9に司令官として赴任してきたベンジャミン・シスコ中佐の指揮の下、DS9はさまざまな難事件や戦闘に巻き込まれていき、物語の後半は戦争(ドミニオン戦争)に突入する。
特に、ベイジョー近傍の小惑星帯にガンマ宇宙域へ通じる恒常的なワームホール(ベイジョー・ワームホール)が発見されたことにより、
辺境の防衛基地に過ぎなかったDS9が一躍、銀河系の十字路の中心に位置することになったところから、物語は大きく転がり始める。

特にシリーズ後半で描かれる、ワームホールの向こう側から現れた勢力「ドミニオン」との全面戦争では、実写に匹敵するCGを駆使した、テレビドラマ史上最大の宇宙艦隊戦が見ものである。
宇宙ステーションを訪れる異星人どうしの交流を軸に、物語が銀河大戦へと進んでいくところから、同時期にアメリカで放送されていた『バビロン5』と比較されることも多い。
シリーズ第一作宇宙大作戦がアメリカ西部各地を旅するテレビドラマ幌馬車隊(英語版)をアイディアソースにしていたのに対し、本作では土地を守る物語であるライフルマンが元になっている

似たようなキーフレーズ

逃げるは恥だが役に立つとは、海野つなみによる漫画と、同作を原作としたテレビドラマ。略称は逃げ恥。 35年間恋愛経験ナシのサラリーマン・津崎平匡(ドラマ版の俳優:星野源)と職ナシ彼氏ナシ女子・森山みくり(ドラマ版の女優:新垣...

同じカテゴリーのキーフレーズ

エンタメ

更新日: 2130日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ