綿めぐみ

わためぐみ

平成生まれのクリエイターたちで立ち上げたTOKYO RECORDINGSというレーベルのアーティスト。

概要

成世代のクリエイターたちが7月に立ち上げたレーベルチーム・Tokyo Recordingsの第1弾としてリリースされた綿めぐみさんの「災難だわ」。

Tokyo Recordingsがプロデュースを手がける前述したポップな楽曲や、ネット上にあまり情報がない綿さんの謎めいた雰囲気からじわじわと注目を集めていた。

綿さんのプロフィールなどでは、「香港生まれのインターネット育ち」、好きなアニメは「少女革命ウテナ」や「弱虫ペダル」など、池袋好きやアニメ好きを公言する記述がされており、ますますどのような人物なのか気になる。
Web上ではアルバムから先行して歌謡曲のような「モンキージョージ」とバラード調の「マザー」の2曲が公開され、ポップかつ、3曲で見せた幅広い音楽性からますます深い注目を集めていった。
そして「マザー」の発表から数ヶ月経った後、最初に公開した楽曲名を冠した1stアルバム『災難だわ』の詳細を発表。
2014年11月9日(日)に渋谷clubasiaで開催されるイベント「SPIN DISCOVERY VOL.2」で先行販売された。

似たようなキーフレーズ

『さよならを教えて 〜comment te dire adieu〜』(コモン・トゥ・ディール・アデュー)は、2001年にビジュアルアーツ傘下のブランドであるCRAFTWORKから発売された成人向けのアドベンチャーノベルゲーム。 1990年代後半から多様な広がりを見せていた美少...

コレコレ(1989年8月12日-)とは、日本の配信者、YouTuber、アイドルプロデューサー。

泣きたい私は猫をかぶる はスタジオコロリドによる長編アニメーション映像作品。通称「泣き猫」 スタジオコロリドにとって2018年に第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞したペンギン・ハイウェイに続く2作目の長編作品となる...

マレーシアで2009年に製作・公開された映画。マレーシアアカデミー賞で4部門を獲得したほか、ベルリン国際映画賞、東京国際映画祭最優秀アジア映画賞に輝くなど大きな国際評価を受けた作品。 アジア屈指の女性監督と言われたヤスミン・アフマドの...

『BNA ビー・エヌ・エー』はアニメスタジオ・TRIGGER(トリガー)によるTVアニメ。フジテレビ「+Ultra」にて2020年4月放送。

堀江晶太とは、日本の作曲家、編曲家、ベーシストである。 ロックバンド「PENGUIN RESEARCH」のベーシスト、ボーカロイドプロデューサー「kemu」としても活動している。

シルバーテツヤさんは秋田在住、元教師のおじいさんにして、フォロワー12万人を超える人気インスタグラマー。

同じカテゴリーのキーフレーズ

音楽・映像

更新日: 2122日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ