58

西友、特売商法を痛烈批判! テーマソング「振り向けば、アンチ特売」発表

西友、特売商法を痛烈批判! テーマソング「振り向けば、アンチ特売」発表

西友「振り向けば、アンチ特売」/アンチ特売刑事 どことなく『太陽にほえろ!』のようなトレンディドラマを彷彿とさせる

低価格で知られる総合スーパーチェーン「西友」が、短期間の値下げセールを意味する特売への対抗軸として、同社の戦略である「EDLP(Every Day Low Price)」のテーマソング「振り向けば、アンチ特売」を制作した。

西友「振り向けば、アンチ特売」PV

西友は、いわゆる「特売」ではなく、毎日安い「アンチ特売」を、ここに宣言する。

今やほとんどすべてのスーパーで行われている特売に対する痛烈なディスからはじまるミュージックビデオ。

すぐに終わってしまう特売のせつなさや、毎日続くアンチ特売の素晴らしさを歌った、昭和を彷彿とさせる哀愁漂う作品に仕上がっている。

アンチ特売プロモーション展開!

アンチ特売プロモーション 折り込みチラシ

アンチ特売プロモーション 折り込みチラシ

期間限定ではなく、継続的に各種商品を低価格で提供することで、消費者の豊かな生活を支援する西友。今回のテーマソングは、そんな同社が掲げる「EDLP(Every Day Low Price)」戦略の魅力をより多くの人に理解してもらうために制作された。

情感たっぷりな語りと哀愁を誘うメロディラインを歌うのは、「第16回 全日本有線放送大賞グランプリ」や「第25回日本レコード大賞ロングセラー賞」などの受賞歴を持つ、昭和の大ヒット歌謡曲「氷雨」でお馴染みの佳山明生さんだ。

また一部店舗では、同楽曲の発表に合わせてアンチ特売プロモーションを展開。対象店舗の店内で、アンチ特売を訴える広告を掲載。さらに折り込みチラシに前日の販売価格を掲載し、「西友は昨日も安かった」と訴求する。

下記で「振り向けば、アンチ特売」の歌詞と佳山明生さんのコメントを掲載しているので、西友のアンチ特売に対する思いを汲み取っていただければ幸いだ。
【次のページ】「振り向けば、アンチ特売」歌詞掲載! ららりるるり、ららりるるりら〜、アンチ特売〜
1
2

こんな記事も読まれています

18
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ