連載 | #9 漫画百景 いま読むべき漫画たち

最高の飯テロギャグ漫画『姫様“拷問”の時間です』に気をつけろ!

最高の飯テロギャグ漫画『姫様“拷問”の時間です』に気をつけろ!
最高の飯テロギャグ漫画『姫様“拷問”の時間です』に気をつけろ!

『姫様“拷問”の時間です』1巻/画像はAmazonより

時事とリンクするタイトルを新作・旧作問わず取り上げ、“今読むべき漫画”や“今改めて読むと面白い漫画”を紹介していく本連載「漫画百景」。


九景目は『姫様“拷問”の時間です』! 1月からTOKYO MXほかでTVアニメが放送されており、深夜の飯テロアニメとして話題になっています。


拷問という物騒なタイトルなのに飯テロとはいかに?


というわけで、今回は『姫様“拷問”の時間です』を“今読むべき漫画”としてご紹介します。

拷問の概念を軽やかにくつがえす『姫様“拷問”の時間です

『姫様“拷問”の時間です』は原作者・春原ロビンソンさん、漫画・ひらけいさんのコンビによる漫画。2019年4月から集英社の漫画サービス・少年ジャンプ+で連載されています。



物語の舞台は、人間による国王軍と、魔王が率いる魔王軍が戦い続けている世界。


魔王軍に捕らわれて捕虜になった人間の王女にして、国王軍の団長でもある姫様が主人公です。


この姫様が魔王城の牢獄に監禁されており、拷問官たちから秘密を明かすよう“あの手のこの手”で迫られる……というあらすじになっています。


この“あの手のこの手”がいわゆる拷問なのですが、一般的に想像されるような鞭で打つとか、水責めとか、誰かを人質に取るだとかではない。


眼の前に美味しそうな料理を並べる、とかなのです。優しい世界か?


そして姫様も食欲に負けてガンガン王国の秘密を喋ってしまう。それでいいのか?


そのほかにも可愛い動物と触れ合ったり、楽しくゲームで遊んだり、拷問という剣呑な響きとはかけ離れた風景が広がります。


見た目は完全に友達と遊んでいる時のそれ。


なんなら普通に牢獄から外へお出かけしたり、拘束具を自分で外したり、スマホをいじったりしている。どんな捕虜だ。


さらに姫様が自ら「屈させろぉ!!!」とか、「ずっと楽しみにしてた“拷問”があるんだ」とか言い出して、ツッコミが追いつかない。


全編にわたって読者のツッコミ力が試される作品になっています

1
2

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

連載

漫画百景 いま読むべき漫画たち

テーマは「漫画を通して社会を知る」。 国内外の情勢、突発的なバズ、アニメ化・ドラマ化、周年記念……。 そうした時事とリンクするタイトルを新作・旧作問わず取り上げて、"いま読むべき漫画"や"いま改めて読むと面白い漫画"を紹介します。

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

アニメ・漫画の週間ランキング

アニメ・漫画の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ