124

キングギドラ、20年ぶりの新曲で復活宣言「帰ってきたぜ ブーンバップラップ」

キングギドラ、20年ぶりの新曲で復活宣言「帰ってきたぜ ブーンバップラップ」

キングギドラ「Raising Hell」ジャケットはPERIMERONが担当した。/画像はキングギドラ公式Twitterより

Zeebraさん、Kダブシャインさん、DJ OASISさんの3人によるヒップホップグループ・キングギドラが、新曲「Raising Hell」を11月11日(金)にリリースすることが決定した。

発表された新曲には、ヴィジュアル系ロックバンド・LUNA SEASUGIZOさんもギターとして参加。リリックはZeebraさん、Kダブシャインさん、ビートはDJ OASISさんが手がけている。

新曲の配信に先立ち、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に出演し、新曲を披露した。
キングギドラ-Raising Hell feat. SUGIZO / THE FIRST TAKE

暗雲立ちこめる時代に復活したキングギドラ

キングギドラは、Zeebraさん、Kダブシャインさん、DJ OASISさんの3人によって1993年に結成されたヒップホップグループだ。

1995年に発売されたデビューアルバム『空からの力』は、日本語ラップ界の金字塔としてシーンに多大な影響を与えている。しかしその後、突如グループの解散を発表し、それぞれソロ活動が開始された。

以降、2度の再結成を経てイベントにも姿を現すようになり、今年10月には「THE FIRST TAKE」に出演。2002年に発売された2ndアルバム『最終兵器』より「UNSTOPPABLE」を20年ぶりに披露した。
キングギドラ - UNSTOPPABLE / THE FIRST TAKE
「帰ってきたぜ ブーンバップラップ」と宣言し、現代社会に向けて痛烈なメッセージが放たれる新曲「Raising Hell」。

ここんとこまわりを見回そうが世界を見渡そうが はっきり言って地獄じゃねえか」というKダブシャインさんによる語りから始まり、Zeebraさんがキレのあるライムとともに一石を投じる。

DJ OASISさんによるビートにSUGIZOさんの強烈なギターが重なり、ダークではあるがどこかキャッチーさを感じさせる。

先が不透明なこの時代において論争を呼ぶことで「問題提起」をし、人々を覚醒へと促す新作"Raising Hell"が完成。同志SUGIZOを迎え、このThe First Takeから萎縮しきった世の中を揺らしたい

キングギドラ キングギドラ-Raising Hell feat. SUGIZO/THE FIRST TAKEよりキングギドラによるコメント

ヒップホップ・ストリートの最新記事

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

74
Share
0
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

このページは株式会社カイユウのKAI-YOU.net編集部が作成・配信しています。株式会社カイユウについては、会社サイトをご覧ください。
KAI-YOU.netでは、文芸、アニメ、漫画、YouTuber、VTuber、音楽、映像、イラスト、アート、ゲーム、ラッパー、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新中! 様々なジャンルを横断し、世界をよりワクワクさせるあらゆるポップなインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ