21

『VALORANT』国際リーグにZETA、DNG選出 Crazy Raccoon落選で物議

『VALORANT』国際リーグにZETA、DNG選出 Crazy Raccoon落選で物議

「VALORANT Champions Tour 2023」参加チーム/画像はすべてRiot Gamesより

Riot Gamesが、5vs5対戦型タクティカルFPS『VALORANT』の2023年の競技シーン「VALORANT Champions Tour 2023」のインターナショナルリーグに参加する全30チームを発表した。 日本からは、韓国・ソウルを拠点とした「VCT PACIFIC」リーグの10チームにZETA DIVISIONDetonatioN Gamingの2チームが選出されている。

3月末から5月末までレギュラーシーズンが毎週開催され、6月の国際トーナメントとなる「Masters」、世界王者を決める8月の「Champions」出場を賭けて10チームがしのぎを削る。

「VALORANT Champions Tour 2023」のスケジュール

2023年の『VALORANT』競技シーンは規模を拡大

「VALORANT Champions Tour 2023」は、2月のブラジル・サンパウロで行うキックオフトーナメントとインターナショナルリーグ、およびインターナショナルリーグ昇格を目指すチームが争う「Challengers」で構成。

今回発表されたのはインターナショナルリーグに所属する計30チーム。

Riot Gamesによれば、参加チームは書面申し込み、詳細面談、財政面レビューの数ヶ月に及ぶ選考プロセスで以下の3点から精査されたという。

選考時に重視した点

PACIFIC LEAGUEに参加する全チームに欠かせないこととして、Riotとチームが合意した要素は相当数ありましたが、特に重視したのは以下の点です。

1.常にファンを最優先し、多様性豊かなコミュニティーを称え、プロ選手の支援に全力を尽くす」という私たちのビジョンに賛同する組織

2.優れたコンテンツ、魅力的なブランド、求心力のあるロスターを持続的に展開することでファンとの深いつながりを築いてきた組織

3.長期的視点を持ち、事業継続性を意識した経営をしている組織 2023 VCT PACIFIC LEAGUEの参加チームを発表します!|Riot Games

ZETA DIVISIONとDetonatioN Gamingが選出された「VCT PACIFIC」はアジア太平洋地域に相当。多種多様な国・地域から構成されるため、韓国や台湾、シンガポールなど様々な地域を拠点としたチームが見受けられる。

ZETA DIVISIONとDetonatioN Gamingの反応

発表を受けて、ZETA DIVISIONとDetonatioN Gamingはそれぞれ声明を発表。 ZETA DIVISIONは「日本地域を代表するチームとしてより多くの感動と熱狂をファンの皆様へ届けるべく、選手・コーチ・スタッフ一丸となって立ち向かってまいります」と抱負を発表(外部リンク)。 DetonatioN GamingはCEOの梅崎さんが動画を公開。また有力選手のスカウティングと一般公募を並行して進め、既存選手を含めたトライアウトを実施すると明らかにした(外部リンク

1
2

こんな記事も読まれています

20
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ