KAI-YOU.netに登録して
さらなる爆ポップ体験を!

2489

「私たちは魔女だ」神椿V.W.Pインタビュー 1stワンマンへ5人が語る決意

「私たちは魔女だ」神椿V.W.Pインタビュー 1stワンマンへ5人が語る決意

「V.W.P」1st ONE-MAN LIVE「現象」インタビュー

花譜さん、理芽さん、春猿火さん、ヰ世界情緒さん、幸祜さん。クリエイティブレーベル「KAMITSUBAKI STUDIO」に所属する5人のシンガーで結成されたバーチャルアーティストグループ「V.W.P」。その1st ONE-MAN LIVE「現象」がいよいよ4月16日(土)に開催される。

強烈な個性を持つ5人が集う夢のグループが結成されてからはや一年。アニメタイアップやライブイベントへの出演など、その時々で鮮烈な印象を残しながら活動を展開してきた。

そんなV.W.Pの満を持してのワンマンライブは、開催発表から大反響を巻き起こし、会場チケットが即完売するほどに多くの注目を集めている。なお前日15日(金)には、それぞれソロとしてステージに立つジョイントライブ「魔女集会」も開催される。

V.W.P 1st ONE-MAN LIVE「現象」

今回はグループとして大きな節目であるライブを前にしたメンバー ──花譜さん、理芽さん、春猿火さん、ヰ世界情緒さん、幸祜さん──にインタビュー。

この1年でそれぞれソロライブも経験し、アーティストとして何倍も成長した「V.W.P」。彼女たちの口から、今だからこそ抱くグループとして歌うことへの意義、そしてライブへの強い覚悟が語られていく。

取材・文:オグマフミヤ 編集:恩田雄多

目次

花譜インタビュー「5人が揃って生まれる全能感」

花譜さん

──それぞれソロライブも経験されていますが、V.W.Pの1st ONE-MAN LIVE「現象」の準備段階でご自身のライブとの違いを感じることはありますか?

花譜 みんなと声が重なるのが、一緒に歌えるのが、すごく嬉しいです。やっぱり5人で並んでステージに立てることに対する安心感というか、全能感というか!! そう思えることが、ソロライブとは違いますね。

──ソロとしての活動は3周年、V.W.Pとしての活動も2年目を迎えられましたが、グループの中では一番長いキャリアを持つ花譜さんにとって、ソロとグループでの活動における意識の違いはどのような部分に感じられていますか?

花譜 みんなはどんな風に歌うかなー! とか、大好きな4人のことをよく考えます。自分の「最適だ!!」と思うものが(ソロと比べて)早く見つかりやすいかもしれないです。1人で歌うときは、ずっと自分とだけ「あーでもないこーでもない」って言い合う闘いです。

みんながどう歌うのか想像していても、(みんなが)そんな想像なんて遥かに超える歌のうまさなので、「すごすぎ!!!!好きです!!!!」という尊敬の気持ちと、「悔しいーーーー!!!!」というさらに燃える気持ちが、自分だけのときよりも増幅します。

確かに活動した長さは一番長いけれど、みんないつも優しく構ってくれます。先輩力はゼロだし、そんなふうに振る舞えない私も受け入れてくれるのでとても活動しやすいです。
V.W.P「電脳」
──ライブを直前に控える今だからこそ感じる、グループの魅力を教えてください。

花譜 声も個性も全然違うのに、いつも良い感じに混ざり合うところです。一人一人特徴的なので、誰がどこを歌ってるかすぐわかるのも魅力だなと思っています。

──結成してからの活動の中で、印象深いことは何ですか? またそれによってご自身やグループに変化はありましたか?

花譜 結成を発表したとき、5人で円になって歌ったことです。あのときの圧倒的なアドレナリンの量、何かすごいことが起こるぞという予感は、胸の奥にあったV.W.Pという活動への不安をボカーーーん!!!!!!!と吹き飛ばしてくれました。

──高校卒業ライブという活動における大きな節目を迎えた直後かと思いますが、今までとは違った趣向で行われたライブを通じて印象深かったことはありますか?

花譜 映像が本当にめちゃくちゃ綺麗で、私自身もすごく素敵に撮ってくださったことです。

花びらのひとつひとつや教室のひだまり、スカートの揺れなどまで、余すことなく画面全部が美しく香り立つような、空気全体が生きてるみたいな、物凄い情報量の学校という場所をステージにして、色んな動きをしたこともとても楽しかったです。

あと、このライブは「高校卒業」という今までで一番個人的なことだと感じていて、こんなに盛大にしてもらって、嬉しくも気恥ずかしいという気持ちは初めてでした。
花譜×くじら「春陽」
──それぞれが強い個性と確かな実力を持った5人が集うV.W.Pの1st ONE-MAN LIVEとあって大きな注目が集まっていますが、プレッシャーなどは感じられていますか?

花譜 プレッシャーは全くないです!!!!! 4人と一緒に歌えるので!!!!!!!!

──グループでの活動の大きな節目となるライブへ向けての意気込みをうかがえますか?

花譜 この5人で、一緒にステージに立てることが本当に嬉しいです。ライブを見てくれるみんなと一緒にたくさん笑って踊って歌って楽しんで、魔法をかけたりかけられたりしたい。幸せいっぱいの最高のライブになるように、頑張ります!! 私たちは魔女だ!!!

1
2
3
4
5

こんな記事も読まれています

2483
Share
2
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ