ネット上でアツい視線を集める歌い手・ぐるたみんが公式ファンクラブを発足!

ネット上でアツい視線を集める歌い手・ぐるたみんが公式ファンクラブを発足!
ネット上でアツい視線を集める歌い手・ぐるたみんが公式ファンクラブを発足!

画像は、ぐるたみんさん「EXIT TUNES PRESENTS る ~そんなふいんきで歌ってみた~ 」ジャケット

動画共有サービスを提供しているWebサイト「ニコニコ動画」を中心に活動する人気男性歌い手・ぐるたみんさんが、9月6日(金)に公式ファンクラブ「ぐるた民」を発足することが決定した。会員特典として、オリジナルメンバーズカード(会員証)の発行や会員限定のイベント参加権(年2回)、さらにぐるたみんさんからのオリジナルメッセージの配信など、合計8つの特典が付いてくる。

今回発足される公式ファンクラブ「ぐるた民」は入会金が1000円、さらには年会費として5000円が必要になる。この会費の価格について、TwitterなどのSNSでは、他の有名アーティストのファンクラブ年会費と比較した投稿が相次いだ。 確かにこうして比較してみると高い気がしてしまうが、年会費5000円を月別に換算すると約416円だ。好きなアーティストへ月々に支払う金額として、高いと感じるか安いと感じるかはファン次第なのだろう。とは言え、「ニコニコ動画」発の歌い手が、人気アーティストに劣らない年会費がかかるファンクラブを発足するという前例のない試みに一体どれくらいの応募があるのか、にわかに注目が集まっているのも事実だ。

ところで、読者の皆様のなかには「歌い手」とはそもそも一体なんなのか。そう疑問に感じている方もいるのではないだろうか。

ここで言う「歌い手」とは、「ニコニコ動画」内にある「歌ってみた」というカテゴリに、歌唱をしている動画を投稿している人のことを指す。自身で作詞、作曲は行わず、人気や話題のある既存曲を歌唱する歌い手が多い。

ぐるたみんさんは、【うるおぼえで歌ってみた】や【そんなふいんき】シリーズの動画を投稿しており、非常に綺麗なハイトーンボイスと鼓膜を突き破りそうなシャウトや、うろおぼえで歌う様子などから多くの視聴者から高い人気を集めている。なかでも、2010年8月に投稿されたテレビアニメ『とある科学の超電磁砲』のオープニングテーマ曲「only my railgun」の【うるおぼえで歌ってみた】only my railgun【ぐるたみん】は、2013年7月24日(水)時点で再生回数600万回を突破し、大ヒットを飛ばしている。しかし、ぐるたみんさんは、人気の歌い手として活躍する一方で、2012年に投稿したゲーム実況の動画から違法ダウンロードの形跡を指摘され、大きな騒動が巻き起こったことも記憶に新しい。

そんな何かと話題の人気歌い手・ぐるたみんさんの公式ファンクラブ「ぐるた民」は、9月6日(金)の発足に先駆けて、7月28日(日)に北海道・札幌で開催される人気歌い手などが多数出演するイベント「EXIT TUNES ACADEMY SUMMER TOUR 2013」の会場にて、先行入会受付を実施するようだ。会場受付限定特典として、ぐるたみんさんの直筆メッセージ入りポストカードのプレゼントがあるとのこと。さらに、初のワンマンライブの開催が2013年10月に予定されている。

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

エンタメの週間ランキング

エンタメの画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ