23

音楽プロジェクト Yamato(.S) イラストレーター ryogaが描く、オルタナティブユニット

音楽プロジェクト Yamato(.S) イラストレーター ryogaが描く、オルタナティブユニット

Yamato(.S)

POPなポイントを3行で

  • Yamato(.S)がアニメ『SCARLET NEXUS』のEDに
  • Yamatoと.Sからなるオルタナティブユニット
  • メインビジュアルにryoga起用
7月1日(木)より放送開始のTVアニメ『SCARLET NEXUS』のエンディングテーマが、Yamato(.S)の楽曲「Fire」に決定した。

Yamato(.S)は今回の楽曲「Fire」よりプロジェクト始動となるオルタナティブユニット。

『SCARLET NEXUS』は、バンダイナムコエンターテインメントによる同名オリジナルRPGを原作とした作品だ。

オルタナティブユニット・Yamato(.S)プロジェクト始動

2人のギタリスト&コンポーザー・Yamato(やまと)さんと.S(えす)さんを中心に、複数のアーティスト、クリエイター、プロデューサーから成るクリエイティブプロジェクト・Yamato(.S)。

ギターを大きくフィーチャーした壮大な音楽を中心に、インターネット文化の粋と才能を結集したプロジェクトとして展開されていく。

Yamato(.S)は、アーティスト本人たちの素性などは明かされておらず、アニメのエンディングのみでその楽曲を聴くことができる。

今回にプロジェクト始動に合わせ、Twitter/YouTubeチャンネルが開設。オフィシャルアカウントをチェックして続報を待とう。

グラフィックアーティスト・ryogaがデザイン

ryoga

サイバーパンクを基調とした独自の世界観を想起させる先鋭的なアーティストビジュアルは、ストリートカルチャーと漫画・アニメ文化をミックスさせた作風で話題となっている気鋭のグラフィックアーティスト・ryogaさんが手がけた。

あまりに斬新すぎる「Lil のび太」などで注目を集めた新鋭。キャラクターアートは完全に独学で学んだという。

今回も、Yamato(やまと)さんと.S(えす)さんを、サイバーパンクを基調とした独自の世界観を想起させる先鋭的な姿で描いている。

怪異と超脳力者の戦いを描いたゲームとアニメ『SCARLET NEXUS』

6月24日に発売された『SCARLET NEXUS』は、「念力」を駆使して“怪異”に立ち向かうブレインパンク・アクションRPG。

異形の生命体・怪異が地表を征服する世界。これらに対抗できる人間は「脳」の力を引き出し闘える力「超脳力」を持つ超脳力者のみ。

彼らは怪異を殲滅することを目的とした「怪異討伐軍」に属している。「怪異討伐軍」の仲間と共に世界を巡る戦いに挑むという物語だ。
【『SCARLET NEXUS』|ゲーム&アニメコラボレーションPV】
アニメ版『SCARLET NEXUS』は『カウボーイ・ビバップ』などを手がけてきたサンライズが制作した。
【SCARLET NEXUS|TVアニメ予告PV 第一弾】

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

20
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ