27

何気ない風景を球体に アーティスト 鮫島大輔の展示会「FLATBALL」

何気ない風景を球体に アーティスト 鮫島大輔の展示会「FLATBALL」

画像はすべて「鮫島大輔-FLATBALLS-」公式サイトより

POPなポイントを3行で

  • アーティスト・鮫島大輔が展示会を開催
  • 代表作は風景を球体に凝縮させた「FLATBALL」
  • 日常的な風景がある種の快楽に昇華
日常のありふれた風景を切り取るアーティスト・鮫島大輔さんが、作品展示「鮫島大輔 -FLATBALLS-」を開催する。

期間は7月1日(木)から8月16日(月)。場所は六本木蔦屋書店2階の美術コーナー。

世界を球体に凝縮するアーティスト・鮫島大輔

球体に風景が描かれている「FLATBALL」シリーズで知られるアーティスト・鮫島大輔さん。

多摩美術大学の美術学部統合デザイン学科、美術学部絵画学科油画専攻の非常勤講師としても活動している。

「トーキョーワンダーウォール公募2002」で大賞を獲得し、東京都庁舎で個展「トーキョーワンダーウォール都庁2002」を開催。

これを皮切りにコンスタントに展示会を開き、2010年にはロンドンで個展「daisuke samejima - invisible spaces」も開催している。

脳を混乱させる球体「FLATBALL」シリーズ

「FLATBALL」シリーズの球体は一から筆入れをしているため、制作期間は手のひらサイズのものでも1ヶ月はかかり、120センチメートルと大きいものだと2ヵ月ほどかかるという。

落としこまれる風景は、郊外や都市など日本人であればどこか既視感のある日常的なものが多い。そのような風景も遠近感を巧みに操り、リアルなタッチで落とし込むことで、まるでそこに空間が存在するかのような作品となる。

鮫島さんはそんな「FLATBALL」に空間演出が加わることで、さらに魅力が増す化学反応を起こした展示会を開催してきた。

今回の作品展示「鮫島大輔 -FLATBALLS-」でも、鮫島大輔さんと書店のつくり出す特殊な作品空間が楽しみだ。

あらゆるアートを楽しむっ

こんな記事も読まれています

展示会情報

作品展示「鮫島大輔-FLATBALLS-」

会期
2021年7月1日(木)から8月16日 (月)まで
時間
11:00~20:00 ※予告なく変更の可能性があります
場所
六本木蔦屋書店 2F BOOK(美術コーナー)
協力
CRISPY EGG Gallery
注意事項
新型コロナウィルス拡散防止対策により、展示日程および営業時間が急遽変更になる可能性があるため、来店の際には当店SNSもしくは公式サイトでの確認を推奨とのこと。

関連キーフレーズ

25
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ