380

「ゆうきまさみ展」キービジュアル 『パトレイバー』など新旧キャラ勢揃い

「ゆうきまさみ展」キービジュアル 『パトレイバー』など新旧キャラ勢揃い

「ゆうきまさみ展」キービジュアル

POPなポイントを3行で

  • 画業40周年記念 ゆうきまさみ展のキービジュアル公開
  • 漫画のキャラクターが勢揃いした描き下ろしイラスト
  • 先行鑑賞会の開催も決定、トークショーにサイン会も
漫画家・ゆうきまさみさんの展覧会「画業40周年記念企画 ゆうきまさみ展」のキービジュアルが公開された。

同展は12月25日(金)から2021年1月11日(月)まで、東京ドームシティ Gallery AaMoで開催される。

公開されたキービジュアルには、ゆうきまさみ作品のキャラクターたちが勢揃い。

あわせて、12月24日(木)には200名限定で、トークショーとサイン会付き先行鑑賞会の開催も決まった。

漫画家・ゆうきまさみの画業40周年が詰まった展覧会

1980年代末期から1990年代を中心に展開されたメディアミックス作品『機動警察パトレイバー』の原作者ユニット・ヘッドギアのメンバーでもあるゆうきまさみさん。

展覧会では、1980年のデビュー作から最新作までの原画をはじめ、キャラクターラフ、設定資料、ネーム、アイデアノートなど、様々な未公開資料が展示。 また、クラウドファンディングで目標金額の300%を集めて実現した『究極超人あ〜る』の「R・田中一郎の等身大フィギュア」と「光画部部室」も再現される。

12月24日の先行鑑賞会の抽選申し込み期間は12月5日(土)10時から12月15日(火)23時59分まで。詳細は公式サイトをチェックしよう。

『究極超人あ〜る』から最新作まで、ゆうきまさみ作品が集結

新たに公開されたキービジュアルでまず目に飛び込んでくるのは、『白暮のクロニクル』の表紙が思い出されるようなフォントで描かれた「ゆうきまさみ展」の文字。 それを取り囲むように、過去から最新作に至るまでの漫画のキャラクターたちが、ゆうきまさみさんの手により描き下ろされている。

究極超人あ〜る』のR・田中一郎、『機動警察パトレイバー』の泉野明、『じゃじゃ馬グルーミン★UP!』久世駿平、『パンゲアの娘 KUNIE』のクニエ。

続いて『鉄腕バーディー』のバーディー・シフォン=アルティラに、『でぃす×こみ』の渡瀬かおるが腕を組むのは『白暮のクロニクル』の雪村魁、そして最前列には最新作『新九郎、奔る!』の伊勢新九郎の姿が。

1980年のデビューからの40年間を感じさせる1枚に仕上がった。

©️ゆうきまさみ/小学館 ©HEADGEAR

『PATLABOR EZY』の続報、待ってます

こんな記事も読まれています

イベント情報

ゆうきまさみ展

日程 2020年12月24日(木)~1月11日(月・祝)
※初日は先行鑑賞会
場所 東京ドームシティ Gallery AaMo (ギャラリー アーモ)
主催 「ゆうきまさみ展」実行委員会
協力 小学館 KADOKAWA 文化放送

関連キーフレーズ

339
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ