89

『Fortnite』日本のファンアートが公式化「びっくりしましたけど、めちゃくちゃ嬉しかったです」

『Fortnite』日本のファンアートが公式化「びっくりしましたけど、めちゃくちゃ嬉しかったです」

スキン「クリプトクラッシャー」に採用されたイラスト/画像はTSCRさんの提供

POPなポイントを3行で

  • 日本のイラストレーターが『Fortnite』のスキンに採用
  • 2018年に投稿したファンアートが目に留まる
  • 本人も「びっくりしましたけど、めちゃくちゃ嬉しかったです。」
Epic Gamesの提供するバトルロイヤルゲーム『Fortnite』(フォートナイト)に、日本のイラストレーター・TSCRさんのファンアートがもとになったスキンが採用された。

採用されたイラストは「クリプトクラッシャー」という名前で、ゲーム内ショップにて販売されている。

クリエイティブを重視する『Fortnite』

バトルロイヤルゲームとして2017年のリリースから今なお人気を保ち続ける『Fortnite』。

全世界3億5000万人のプレイヤー数を誇り、公式世界大会「Fortnite World Cup 2019」では、最高300万ドルもの賞金が用意されている。

そんな『Fortnite』では、素材を提供しそれをプレイヤーが組み合わせて独自のワールドをつくる「クリエイティブ」モードが実装されており、大会でもクリエイティブ部門を設けるなど、創造性を重視してきた。
ォートナイト - 「クリエイティブ」の島
スキンに関しては、以前にも英語圏の掲示板・Redditに投稿された8歳の男の子が描いた鶏のスキンが「テンダーディフェンダー」という名前で実装されたことがあった。

右のスキンが「テンダーディフェンダー」/画像は『Fortnite』公式サイトから

そして、今回スキンとしてイラストが採用されたのは、プロゲーミングチーム・Crazy Raccoonの選手アイコンイラストなどを手がけるTSCRさん。

TSCRさんが2018年にTwitterに投稿したファンアートが公式の目に留まり、今回のスキン化に至ったという。

スキン「クリプトクラッシャー」に採用されたイラスト/画像はTSCRさんの提供

今回のスキン化をうけて、率直な気持ちをTSCRさんに伺うと「海外からの英語のメールが来たときは夢みたいだなと思ってびっくりしましたけど、めちゃくちゃ嬉しかったです。」とのこと。

イラストをもとにEpic Gamesによって制作された3Dモデルも、「良い感じに汲み取って頂いたと思います! 」と満足げな様子。

現在は、SNSに投稿すれば作品を全世界に届けることができるようになったが、そこから1歩先に進んだ広まり方として、このような例が増えていくと面白いのではないかと思う。

世界に羽ばたくイラストレーターたち

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

81
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ