917

渋谷のクラブ VUENOS、LOUNGE NEO、Gladの三店舗閉店 clubasiaも存続危機

ニュースのポイント

  • 渋谷のクラブ三店舗が閉店
  • 新型コロナウイルスによって営業自粛を続けていた
  • 渋谷の音楽文化の礎
渋谷のクラブ VUENOS、LOUNGE NEO、Gladの三店舗閉店 clubasiaも存続危機

「CAMPFIRE」クラウドファンディングページより

渋谷のライブハウス・クラブ「VUENOS」「Glad」「LOUNGE NEO」が5月31日(日)をもって閉店することが明らかとなった。

閉店の理由は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受けて営業自粛が続く中、再開の目処が立たないためだという。

clubasiaはクラウドファンディングを開始

VUENOSは日本におけるヒップホップやレゲエミュージシャンの聖地として知られ、LOUNGE NEOはMaltine RecordsやTREKKIE TRAXなどの新世代のダンスミュージックレーベルやクルーの重要拠点として、Gladはダンスミュージック以外にもアイドル文化を取り入れるなどの試みを行なっていた。

それぞれが独自の音楽文化を伝え、継承していた場所であり、その損失は切に惜しまれる。

3店舗の閉店を受け、運営を行う株式会社カルチャー・オブ・エイジアは、系列店舗「clubasia」も存続の危機を迎えていることも明かしている。

これに伴い、5月1日(金)12時よりクラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」にて存続支援プロジェクトとしてクラウドファンディングを開始することを発表した。 clubasiaも数ある渋谷のクラブ・ライブハウスの中でも特に人気の高い場所。存続を望む人はぜひとも支援してほしい。

エンタメ産業と新型コロナウイルス

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「VUENOS」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 62

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ