16

六本木アートナイト、2020年メインモチーフは村上隆がつくる『ドラえもん』

六本木アートナイト、2020年メインモチーフは村上隆がつくる『ドラえもん』

「六本木アートナイト2020」

POPなポイントを3行で

  • 村上隆×『ドラえもん』再び
  • 「六本木アートナイト2020」を飾る
  • 過去最大級のバルーン作品を制作する予定
毎年開催される六本木を舞台にした一夜限りのアートの饗宴「六本木アートナイト2020」が、2020年は5月30日(土)から31日(日)にかけて行われる。

また、現代美術家の村上隆さんが、同イベントのメインプログラムアーティストに決定した。

「20世紀、日本が生んだ最大のポップアイコン」

六本木アートナイトは、生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルの提案と、東京における街づくりの先駆的なモデル創出を目的に、2009年3月にスタートしたイベント。

メインプログラムアーティストの村上隆さんが会場を盛り上げるために選んだモチーフは、いわく「20世紀、日本が生んだ最大のポップアイコン」の『ドラえもん』。 村上隆さんは近年、藤子・F・不二雄さんとのコラボレーションとして、多くの関連作品を生み出しているが、六本木アートナイトでは過去最大級のバルーン作品を制作する予定だという。

また、村上さんが主宰するアートカンパニー・カイカイキキ所属のアーティストたちが『ドラえもん』をモチーフに制作した作品が、六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウン、国立新美術館の3か所に展示される。

村上隆「まぁ、見てみてください。」

本イベントの開催に向けて、村上隆さんよりコメントも発表された。

村上隆 コメント
東京って、めっちゃ外国から見てメガロポリスです。もう、リアルブレードランナー的メトロポリス。美少女ロボット街ん中歩いてるでしょ的な。

で、その街のアートって何がリアル?って考えると、ズバリ漫画です。日本のアートは漫画。でも西欧式のアートもある。そのフュージョン、コラボで、何が1番良いかな、と問うと、僕的には「ドラえもん」がベストと思いました。なぜかと言うと、世界の地質学的に受ける温度差、微妙なズレが最高だと思ってます。

前にユニクロのコラボで僕のお花とドラえもんやったとき、アジアからのお客様から見ると、あー!やっぱ本場日本、わかってる!ドラえもん!かわいい、カッコいい!!アートとコラボ!となるが、西欧だと、村上が例のお花と日本式キャラのコラボってなんかわかんないけど良いね!みたいな。

その温度差、理解の順番の差を梃子にして、現代における求められてるアートの形を具体的に提示するのが本企画です。

六本木アートナイト。今年はズバリ日本の人と言うよりは、海外からのお客様目線で攻めますので、どーなんだろな? まぁ、見てみてください。


(c)2020 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. (c)MADSAKI/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. (c)Fujiko-Pro

探せ、21世紀のポップアイコン

こんな記事も読まれています

イベント情報

六本木アートナイト2020

日時 2020年5月30日(土)10:00 ~ 5月31日(日)18:00
※六本木アートナイト2020開催に先駆けて展示・設置する「プレプログラム」も実施予定
場所 六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン
サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、
六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
入 場 料 無料(一部のプログラム及び美術館企画は有料)
特別協力 藤子プロ

【開催趣旨】
「六本木アートナイト」は、生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルの提案と、大都市東京における街づくりの先駆的なモデル創出を目的に開催する、一夜限りのアートの饗宴です。様々な商業施設や文化施設が集積する六本木を舞台に、現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンス等の多様な作品を街なかに点在させ、非日常的な一夜限りの体験をつくり出す本イベントは、東京を代表するアートの祭典として2009年3月にスタートし、年々発展を続けております。 ※2011年は東日本大震災により中止

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

10
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ