11

SEEDAの歴史的名盤が原案 映画『花と雨』本編映像&監督コメント

POPなポイントを3行で

  • 映画『花と雨』本編映像が解禁
  • 土屋貴史監督よりコメント到着
  • 「正直なところ、不安でいっぱいでした」

花と雨

日本のヒップホップ界で歴史的名盤と言われるラッパー・SEEDAさんのアルバム『花と雨』を原案に、俳優・笠松将さんが主演をつとめる映画『花と雨』。

本作より、笠松さんが六本木を練り歩き会話からのヒップホップを唱える本編映像と監督をつとめる土屋貴史さんからコメントが到着した。

SEEDA原案の映画『花と雨』

映画『花と雨』|2020年1月17日公開
SEEDAさんの自伝的なエピソードも交え、何者かになりたい一人の青年が葛藤しながら成長する姿を描く映画『花と雨』。

SEEDAさん自身が音楽プロデュースを手がけ、演技指導をラッパー・仙人掌さんが担当するなど、ストリートシーンの一線で活躍しているラッパーが参加し注目を集めている。

監督は数々の受賞歴を持ち、Perfumeや水曜日のカンパネラ、ゆず、Bjorkなど多くのアーティストのMVを手がける映像ディレクター・土屋貴史さん。

笠松さんのラップをはじめて聞いた時の感想を土屋監督は、「正直なところ、不安でいっぱいでした。本物との違いに愕然としていました。しかし撮影が進むにつれ、ラップすること自体を楽しんでいる姿を見て、これならいけるかもと自分の考えも変わっていきました」と語る。 彼は最後まで懸命に取り組んでいたので、それも含めて、笠松さんはこの映画の吉田を演じてくれました。胸をうつものが捉えられていると思います」と大絶賛した。

(c)2019「花と雨」製作委員会

ストリートからの声

こんな記事も読まれています

映画情報

花と雨

出演:笠松将 大西礼芳 岡本智礼 中村織央 光根恭平
花沢将人 MAX サンディー海 木村圭作 紗羅マリー
西原誠吾 飯田基祐 つみきみほ 松尾貴史 高岡蒼佑
監督 土屋貴史
原案 SEEDA 吉田理美
脚本 堀江貴大 土屋貴史
音楽プロデューサー SEEDA CALUMECS 
製作 藤田晋・中祖眞一郎
制作プロダクション P.I.C.S.
配給 ファントム・フィルム

関連キーフレーズ

「SEEDA」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 5

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ