55

POPなポイントを3行で

  • NHK「ノーナレ」アニソンダンスバトル特集
  • ナレーションが一切ないドキュメンタリー
  • オーイシマサヨシが歌唱するオリジナル曲も

最新ニュースを受け取る

NHKがアニソンダンスバトルに密着 オリジナル曲歌うのはオーイシマサヨシ

ストーリーズ ノーナレ「アニソン・ダンスバトル これがオレたちの愛だ」/画像はすべてNHK公式サイトより

NHKのドキュメンタリー番組「ノーナレ」にて、アニソンダンスバトルの大会「あきばっか~の」に密着した「アニソン・ダンスバトル これがオレたちの愛だ」が、本日10月7日(月)22時50分から放送される。

放送にあたってオリジナル楽曲を制作。アニソンシンガーのオーイシマサヨシさんがボーカルを担当した。

番組では「あきばっか~の」に参加しているオタクたちの、純粋なアニメ愛とダンスバトルに挑む姿が描かれる。

アニソンでダンスバトルする特異なカルチャー

ストーリーズ ノーナレ「アニソン・ダンスバトル これがオレたちの愛だ」 「あきばっか~の」は秋葉原のアニソンダンスパフォーマー集団・リアルアキバボーイズ涼宮あつきさんが主催する2人組のダンスバトルイベント。

バトルでかかる曲はアニメソングなどを中心とした音楽ジャンルA-POP(秋葉原のAとアニメのAの頭文字から引用している)限定で、ストリートダンス、アイテムの使用、ヲタ芸などジャンルに縛りがないのが特徴だ。
【アニソン2on2ダンスバトル】あきばっか~のvol.6
秋葉原の地下クラブで始まり、以降大会は年々規模が拡大。現在では約300人以上が参加している。

アニメキャラのように見える演出も

ストーリーズ ノーナレ「アニソン・ダンスバトル これがオレたちの愛だ」 番組ディレクターの根兵皇平さんは公式サイトで「初めて『アニソン・ダンスバトル』を見た時の感想は、ひと言でいえば『衝撃』でした」とコメント。

「アニメもアニソンも詳しくない、ダンス経験もない、そんなぼくですら感じた『衝撃』と、大の大人が本気でぶつかりあって生まれる『感動』を多くの人に知ってほしい」と見どころを語っている。

番組では、「ダンサーたちがアニメの主人公みたいにカッコいい」という感想を持つ人が何人もいたことがきっかけで、ドキュメンタリー番組ではありながらも出演者たちがアニメのキャラのように見える演出が施された(外部リンク)。

オーイシマサヨシが語るアニソンダンスの魅力

オーイシマサヨシさん

オーイシマサヨシさん

オリジナル曲として、ボーカルをオーイシマサヨシさん、作曲を林ゆうきさん、作詞をLantanさんがつとめた「ボルテシモ」を制作。

番組冒頭では「ボルテシモ」をベースに、アニメのオープニングをオマージュした編集に仕上げられている。

オーイシさんは放送当日に公開されたインタビューで、「自分の作った楽曲にさらにダンスで奥行きを作ってもらっているようなイメージ」と今回のコラボレーションを振り返る。

アニソンダンスバトルの魅力については「ダンサーたちの一瞬の『きらめき』と『ひらめき』」と言及し、「彼らは即興でダンスバトルをするので、その時ひらめいたことを『音にハメていく』(踊りのフリを音楽に合わせる)んですけど、その瞬発力と爆発力に僕はなんかドキドキしちゃいましたね」と語っている(外部リンク)。

オーイシおにいさんの踊ってる姿もあるよ

最後に、今回の番組ではオーイシマサヨシさんはテーマ曲のボーカルのみで、当然ながら踊っていない。

しかし過去には自身の楽曲やCMなどで軽やかなダンスを披露している。バトルとは趣の異なるものではあるが、その身のこなしは一見の価値ありだ。
オーイシマサヨシ「オトモダチフィルム」
キミは何色?30秒ver. LUMICA TVCM

オーイシマサヨシという存在

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「あきばっか~の」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 49

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ