12

米国ではどんな夏メロが流行ってるの? 「Billboard Summer 2013」まとめ

米国ではどんな夏メロが流行ってるの? 「Billboard Summer 2013」まとめ

「Billboard」 Webサイトのスクリーンショット

世界で最も有名で権威のあるヒットチャートをだしている音楽週刊誌の『Billboard(ビルボード)』が、WebサイトのBillboardで「Summer Music Central 2013」という特集を展開しています。

本特集では様々な夏メロをランキングで紹介しており、2013年を振り返ったビルボードホット100チャートの中から夏メロトップ10、1985年から2013年までのチャートの中から最も熱い夏メロトップ30、1985年から2012年までの年代別夏メロトップ10を公開中。さらにはセレブアーティスト達のビーチの写真や夏フェス特集など、非常に夏らしい特集がされています。

今回はこの中から各ランキング上位の夏メロを紹介していきます。


今現在、米国で最も流行している夏メロはこちらです!

Songs Of The Summer

1位 「Can't Hold Us」-Macklemore&Ryan Lewis Featuring RayDalton
「Can't Hold Us」は米国のHIPHOPユニット、Macklemore&Ryan Lewis(マックルモア&ライアン・ルイス)の2012年10月にリリースされたデビューアルバム「THE HEIST」の3枚目のシングルカット曲。なんと全米シングルチャートでも4週連続1位を獲得しています。ビルボードホット100チャートでも今だ2位にランクインされており、基本はラップですがサビはキャッチーなメロディなので、あまりラップに馴染みのない人でも聴きやすい曲ではないでしょうか。

ちなみにデビューアルバム「THE HEIST」はほぼ無名だったのにも関わらず、いきなりビルボード200チャートで2位にランクイン。米国だけでなく世界各国で人気を集めている新人アーティストで、日本でも広く知られる日は近いと思います。

では続いて、1985年から2012年の中で、最も熱い夏メロトップ30の中から総合No.1に輝いた曲を紹介します。

Top 30 Summer Songs

1位 「California Gurls」-Katy Perry feat.Snoop Dogg
「California Gurls(カリフォルニア・ガールズ)」はKaty Perry(ケイティ・ペリー)の2枚目のアルバム「Teenage Dream」からファーストシングルとしてシングルカットされた曲。ビルボードホット100チャートで7周連続1位、さらに全英シングルチャートでも1位を獲得しており、世界規模の大ヒットを記録した1曲となっています。

非常に夏らしいポップなトラックで、聞いていると自然と踊りだしてしまいそうです。フィーチャリングで参加しているヒップホップMC・Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)のラップも要注目。

なんと意外にも、過去54年間で1位に輝いたのは2010年に発売された楽曲でした。この曲以外にランクインしている他の楽曲のほとんどが90年代の曲だったことを考えると驚きです。

では続いて、1985年から発表されている年代別ランキングの中から、昨年2012年の夏メロトップ10でNo.1に輝いた曲を紹介します。

Songs Of the Summer 1985-2012

1位 「Call Me Maybe」-Carly Rae Jepsen
「Call Me Maybe」はCarly Rae Jepsen(カーリー・レイ・ジェプセン)の2枚目のアルバム「Kiss」からのシングルカット曲でビルボードホット100チャートで9週連続1位に君臨し続けた曲です。

この曲はPVのパロディビデオも有名で歌手のJustin Drew Bieber(ジャスティン・ビーバー)やKaty perry(ケイティ・ペリー)らがパロディビデオをネット上にアップしたりと、世界中にブームを起こしたことも記憶に新しいです。

日本でもモデルの水原希子さんやローラさんもビデオをアップして話題になりました。

そしてCarly Rae Jepesen(カーリー・レイ・ジェプセン)はなんと、8月11日(日)に行われるSUMMER SONIC 2013への出演が決まっています!

最後に、個人的にも大好きな、本特集でも紹介されている米国のテネシー州で行われた野外ロックフェスティバル「bonnaroo2013」でR.Kellyが披露した「Ignition」を紹介します。トラックとメロディがあまりにメロウ過ぎてとろけてしまいそうです。
今回は「Summer Music Central 2013」のほんの一部を紹介しましたが、ビルボードでは他にもたくさんの夏メロが紹介されています。まだ日本は梅雨真っ只中ですが、これを抜ければいよいよアツい夏がやってきます。日本の夏メロはもちろんのこと、米国のイケてる夏メロにも詳しくなれば気になるあの子の興味を惹けるかもしれません。普段はあまり聴かない人も、これを機に是非、洋楽に触れてみてはいかがでしょうか。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「Macklemore&Ryan Lewis Featuring RayDalton」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 7

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?
「六本木ヒルズ盆踊り2013」開催 ヒルズのレストランも屋台に
連載
最高の夏
全24記事

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ