14

この記事のポイントを3行で

  • 女性ボーカルユニット・Kalafinaが解散を発表
  • Twitterでは数多くのファンからの惜しむ声
  • メンバー・Wakanaはソロ活動を継続

最新ニュースを受け取る

Kalafina解散、ファンから感謝と惜しむ声「私の人生を彩ったグループ」

Kalafina最後のシングルとなった『百火撩乱』/画像はAmazonより

女性ボーカルユニット・Kalafina(カラフィナ)の解散が3月13日、オフィシャルファンクラブサイトで発表された。

2018年2月にプロデューサーをつとめていた作曲家・梶浦由記さんが所属事務所・スペースクラフトプロデュースから独立。

それに続き、同年4月にKeikoさん、11月にHikaruさんとメンバーが相次いで事務所を退社。事実上の活動休止状態となっていた。 解散にあたりスペースクラフトプロデュースは「Kalafinaについて、活動再開を含め、あらゆる可能性を検討してまいりました。しかしこの度、Kalafinaとしては、活動を再開する事は困難であると判断し、改めてKalafinaの解散を決断し、お知らせするに至りました」とコメント。

「これまでKalafinaを応援していただき、活動再開を待ち望んでいらっしゃる多くのファンの皆様のご期待に沿えず、大変残念に思います」と説明している。

「オタク人生を彩ったグループ」解散を惜しむファンの声

解散が公式から発表されるや否や、Twitterにはファンからの解散を惜しむ声が数多く上がった。

「3人の美しいハーモニーが素晴らしかった」「オタク人生を彩ったグループだけにかなりショック」「予想はしてたけど…マジかぁ」など、思い出の曲や主題歌を担当したアニメが語られている。

『空の境界』プロジェクトでデビュー、Wakanaの今後は

梶浦由記さんのプロデュースのもと、劇場版『空の境界』主題歌プロジェクトとしてスタートし、2008年にシングル『oblivious』でデビューした女性3人組・Kalafina。
Kalafina『Magia』
以降、『魔法少女まどか☆マギカ』『Fate/Zero』『活撃 刀剣乱舞』などの多くのアニメや、NHKの歴史情報番組「歴史秘話ヒストリア」でも主題歌を担当してきた。

なお、長期にわたり活動できない状態であったものの、最後までKalafinaのメンバーとして残り続けたWakanaさんは、2019年2月にシングル『時を越える夜に』でソロデビュー。
Wakana

Wakanaさん

3月20日(水)には1stアルバム『Wakana』のリリース、さらに4月からは全国ライブツアーも決定している。

圧倒的な歌唱力で多くのアニメファンたちを魅了してきたその歌声が、ソロシンガーとしてさらに輝きを増すことを期待したい。
Wakana「時を越える夜に」ミュージックビデオ(Short Version)

平成とともに舞台を去るアーティストたち

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「Kalafina」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 5

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ