122

POPなポイントを3行で

  • 中国でラップ禁止令
  • 人気ラッパーがテレビへの出演を続々キャンセル
  • 中国ラップへの関心も高まっていたので余波が大きそう

最新ニュースを受け取る

中国でラップ禁止令 成長続くシーンに波紋

画像はHigher Brothers x Bohan Phoenix - No Hook (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

中国政府は、ヒップホップ文化が低俗であるとして、ラップ歌手らをテレビやラジオ番組に出演させない方針を発表した。日本でも産経ニュースや毎日新聞が報じている。

中国でラップ禁止令

同紙によれば、2017年末頃から人気曲の薬物使用に関する歌詞や女性蔑視の表現があるとして問題視され、ネット上で攻撃の対象となった。

そしてテレビ、ラジオ、新聞などを管轄する機関である国家新聞出版広電総局が「入れ墨のある芸能人、(ラップを含む)ヒップホップ文化、不健全な文化は番組で扱わない」という要求を発表したという(中国メディア「Sina」による報道)。

これによって、GAIさん、VaVaさんといったヒップホップアーティストのテレビ出演のキャンセルが相次いだほか、韓国のラップユニット・Triple Hの音源がストリーミングサイトから削除されるなどの事態に発展している。

ヒップホップというカルチャーが体制批判に結び付きやすいため、それが大衆に浸透することを警戒したとみられている。

成熟しつつあった中国のラップシーン

中国のヒップホップと聞くとあまりイメージがわかないかもしれないが、2017年にはコンペ形式の番組「中国有嘻哈(The Rap of China)」がスタート。上述したGAIさんのほか、PG Oneさんが最終選考まで勝ち抜き人気を集めた。

番組だけでなく、例えば飲料・spriteのCMにもラッパーが出演しているほか、メディアプラットフォーム「88 rising」でもプッシュされているユニット・Higher Brothersの世界的な躍進もある。 日本からも水曜日のカンパネラやKOHHさん、kiLLaなどがライブに。上述した88 risingの活躍もあり、アジア発のヒップホップアーティストに注目が集まり始めている中で、大きな波紋を呼びそうだ。

ラップ、ヒップホップの社会的な影響

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「ヒップホップ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 121

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(1)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
匿名のユーザー

匿名のユーザー

うわ〜!!

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ