83

天木じゅんに聞くSNSとの向き合い方「SNSが一番のオーディション」

みんなの理想の天木じゅんでいなきゃいけないな

──TwitterとInstagramではどちらに力をいれているんですか?

天木 ずっと使っていたのでTwitterが中心だったんですけど、Instagramは世界共通ということで。

Twitterはファンの方に向けて、自分のリアルタイムを明確に文字に起こして。「おはよう」とか「今から仕事だ」「移動中〜」とか。その時の自撮りも一緒に載せて。あとはバズる系の投稿はTwitterですね。InstagramってRTの文化がそこまでないので。

Instagramだと、水着の写真は「いいね」のケタが違うんですよ。だから水着の写真をどうオシャレに載せるかとか。あとは女の子のファン向けにかわいい洋服とかも載せてます。

──そういう使いわけなんですね! Instagramらしさって考えたりしますか?

天木 やっぱり流行りは取り入れたいし、かわいい浮き輪も写したかったですけど。でも、とにかく世界に向けて発信していきたいです。Instagramのフォロワーが多いと仕事に繋がるとかも聞いたんで、ちょっと考えて。

──Instagramの場合、統一感のある投稿を載せようとか、人によく見られたい内容にしようとか、「SNS疲れ」もささやかれますけど。

天木 バランスもたまには考えるんですけど、途中で飽きちゃったりするので、自分で上げたいものを上げたいタイミングとバランスで。

それこそスッピンをあげたりすると、「スッピンもいい!」という人と「なんでスッピンをあげたの?」っていう人にわかれるんですよ。「なんであげたの?」って人が多すぎると、たまに消したりとか(笑)。 でも、自分のなかで「ヤバイ!」とかは思ってなくて。「みんなの理想の天木じゅんでいなきゃいけないな」と意識して消します。なんでスッピンあげちゃったんだろう、マヒってたわ、みたいな(笑)。

──中傷による、嫌な感情で消すわけじゃないんですね。

天木 やっぱり免疫がつくまでは傷ついたこともあったんですけど、一線を越えたら全然。むしろ中傷を言ってくださる方がいる間は改善点があるんだなって、プラスに捉えてます。

──気にしなくなったのはグラビアのお仕事が中心になってきたからですか?

天木 ある程度、自分に少しは自信がついたんじゃないかなぁ。それに、向上していけばいいなって。

SNSはプロフィールであり、オーディションの場

──グラビアアイドルの方のSNSは、特に需要の高いものだと思います。どういう風に活用していくべきなのでしょうか。

天木 メディアに出れないグラビアアイドルの子たちもいっぱいいるんです。私もたまに雑誌に出さしていただく程度、決して多い方ではないですし。 天木 やっぱりSNSもメディアなんですよ。そこで光れば、「POOP」がウケて、「しゃべくり007」に呼んでもらえたりとか、TVに出るチャンスもあったりする。だから、SNSをオーディションの場だと思って発信しています

──天木さんのようにSNSを活用したい、という方に向けてのアドバイスはありますか?

天木 エゴサーチしてた時に見つけたんですけど、「天木じゅんってアイドルの頃から、グラビアアイドルになってもSNS上でのキャラがぶれないよね」って言葉をファンの方からいただいたことがあって。

SNSって、ちょっとでも気持ちが弱くなっちゃったりするとキャラが揺らぐんですよ。だけど、そこをブレないで、SNSの上でもちゃんと自分を、みんなの理想の自分でずっと居続けるっていうのが大事なんだと思います。

やっぱり、SNSの上で一番サービス旺盛じゃないとダメだなって。だって、SNSをみてイベントに来たいと思う方もいるし、TVに出た時も「この子誰なんだろう?」って調べるのもSNSになってる。だから、いまはSNSが一番のプロフィールなんだと思います。いま名言でました?(笑)

──すごいと思います(笑)。天木さんからは心の揺らぎが全然感じられなくて。たまにでも、物申したくなりませんか?

天木 そういう時ももちろんあります! プライベートや、仕事のことで、イラッとしたことがあったら、八つ当たりで「Twitterに書いてやる」って思う瞬間もあるんです。思わせぶりなことを、文章まで書きますよ。

でも、そこで「ダメだ、今までのものが崩れる」って。この情報をファンの方に知らせる必要はないと思って、封じ込めるんです。仕事が好きで、楽しくやってるので、みんなも元気になってもらいたいし、ベタかもしれないですけど、感情の荒れ具合は隠します。

──使いわけする方も多いのかなって思うんですが、天木さん、裏のアカウントとかないんですか?

天木 裏アカ! ないですよ(笑)! ──失礼しました(笑)。天木さんはSNSでも独自の道を歩みながら、今は女優業もはじめられていて。周りの方と違うところにいるのって怖くないですか?

天木 人と被るのが好きじゃなかったので、怖さは感じません。

何年後かに「天木じゅんはグラビアだけじゃないよね」って言われるようになりたいんですよ。だから新しい道筋を頑張って探って、女優の道も切り開いていきたいんです。異ジャンルだと思ってもらいたくて。

それこそ「じゅんちゃんって、天木じゅんっていう生物だよね」って言われることもあるんです。ほかに似た人がいないっていう意味なんですけど、そこは大事にしないとって頑張っています。やっぱり私は有名になりたいんで!

天木じゅんさんの独占グラビア公開中!

特集「インターネット卍ジェニック 〜一億総ワンチャン時代〜」

KAI-YOU.netが送る特集第2弾「インターネット・ジェニック 〜一億総ワンチャン時代〜」は、9月いっぱいで更新予定。

記事一覧と更新予定記事の予告は、特設ページから。続々更新していきますので、ご期待下さい!!

関連商品

#天乳 #1mmでもいいなと思ったら♥

スチールカメラマン:木村 晴
発売日:9月20日(DVD)、9月22日(Blu-ray)
発売・販売:リバプール
<イベント>
1 日時:2017年10月7日(土)16:00~/18:00~
  場所:ソフマップアミューズメント館8Fイベントスペース(東京)
2 日時:2017年10月8日(日)13:00~/14:00~
  場所:ソフマップなんば店ザウルス(大阪)

関連商品

天木じゅん 2018年版カレンダー

仕様:B2サイズ・8枚もの
価格:2700円(税込み)
発売元:株式会社トライエックス

1
2

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

79
Share
4
LINE

1件のコメント

匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん(ID:1052)

じゅんちゃん、ほんと貪欲で可愛い、、、😢💓

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

このページは株式会社カイユウのKAI-YOU.net編集部が作成・配信しています。株式会社カイユウについては、会社サイトをご覧ください。
KAI-YOU.netでは、文芸、アニメ、漫画、YouTuber、VTuber、音楽、映像、イラスト、アート、ゲーム、ラッパー、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新中! 様々なジャンルを横断し、世界をよりワクワクさせるあらゆるポップなインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ