13

最新ニュースを受け取る

弱者の物語『おおきく振りかぶって』舞台化 演出はキャラメルボックス成井

舞台『おおきく振りかぶって』

『月刊アフタヌーン』(講談社)で連載中のひぐちアサさんによる野球漫画『おおきく振りかぶって』が2018年2月に舞台化される。

脚本・演出は、演劇集団キャラメルボックスの成井豊さんが担当する。

繊細な描写が反響を呼んだ新たな野球漫画

2003年に連載がスタートした『おおきく振りかぶって』は、コミックスは累計1000万部以上を発行。
おおきく振りかぶって

『おおきく振りかぶって』(1)/画像はAmazonより

登場人物たちの繊細な描写が高く評価され、2007年と2010年にはTVアニメが放送されている。

舞台化で脚本・演出を手がける成井さんは、1985年に演劇集団キャラメルボックスを旗揚げ。以来、270万人以上の観客を動員してきた。

成井さんによると、『おおきく振りかぶって』には、自身が多く手がけてきた舞台と同様、「弱者の物語」という共通点があるという。

今まで様々な野球マンガを読んできましたが、この『おおきく振りかぶって』は全く新しいタイプだと思いました。
一言で言えば、「弱者の物語」。なんだかんだ言っても、野球マンガの主人公は大抵の場合、飛び抜けた精神力と身体能力の持ち主で、その強さゆえに勝利を重ねていく。
が、『おおきく振りかぶって』の主人公のピッチャー三橋は球速が遅く、気が小さい。
どこからどう見ても、弱者です。
が、その弱者が誠実に戦いに臨み、周囲の認識を覆していく。
特別な才能を持たない者にとって、これほど勇気の出る物語はありません。
考えてみると、僕が今まで書いてきた脚本の多くが、やはり「弱者の物語」だった。
だから、『おおきく振りかぶって』は僕の琴線に触れたのです。
だから、『おおきく振りかぶって』を自分の手で舞台化したい、と思ったのです。 成井豊(キャラメルボックス)

舞台は『おおきく振りかぶって』は2018年2月、池袋・サンシャイン劇場にて上演予定。

(C)ひぐちアサ/講談社

舞台化も続々

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「おおきく振りかぶって」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 4

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ