21

手塚治虫『W3』舞台化 俳優 川原一馬インタビュー「台本のない舞台」への挑戦

『Amazing Performance W3』キャストの川原一馬さん

“漫画の神様”こと手塚治虫さんの原作を題材にした舞台『Amazing Performance W3』の製作発表イベントが6月1日に行われた。

『Amazing Performance W3』アンバサダーとして、タレントのベッキーさんが就任。イベントにも登壇した。

KAI-YOUでは、本作のキャストをつとめる、2.5次元舞台にも出演している川原一馬さんにインタビュー。

「台本のない舞台」「演出家と俳優みんなで考える演出」という、本作のユニークな魅力から、『W3』に込められたメッセージ性や川原さんの人間観にまで話が及んだ。

ベッキーも駆けつけた『Amazing Performance W3』

reDSC_7120 『Amazing Performance W3』は、手塚治虫さんの漫画『W3』を原作にした舞台。

アニメ化もされてきた巨匠による人気SF作品を、「ハイパープロジェクション演劇ハイキュー!!」や「東京ワンピースタワー ONE PIECE LIVE ATTRACTION」などを手がけてきた劇作家のウォーリー木下さんが、“ノンバーバル”のセリフなし演劇で舞台上に蘇らせる。

今回、ベッキーさんがアンバサダーに就任したのは、デビュー当時に書籍『手塚治虫キャラクターグッズコレクション』で鉄腕アトムと表紙を飾っていた過去があるという縁から。「わたしの記憶が正しければ、芸能生活における初表紙」とベッキーさんも語った。

『手塚治虫キャラクターグッズコレクション』

デビュー当時のベッキーさん

ノンバーバルということで、「国籍や言語にとらわれない唯一無二のエンターテインメント」として世界に発信できるコンテンツを目指しているという『Amazing Performance W3』の魅力を余す所なく伝え、活動休止から今まさに新しい一歩を踏み出し、国際感覚にも長けたベッキーさんが適任とされたとのこと。

ベッキーさんは『W3』を「何十年も前に書かれたものだけど、今を生きる私たちへのメッセージも詰まっていて、手塚先生からの私たちへの手紙」だと語った上で、「これをノンバーバルで舞台化ってどうやるんだろう? というワクワクがあります」と舞台化に期待を寄せた。

当日は、ウォーリー木下さんや、キャストの西島数博さん、フィリップ・エマールさん、川原一馬さんも登壇し、それぞれの意気込みや魅力を語った。

演劇でもダンスでもない、フィジカルシアターに近い実験的な新しい作品

reDSC_7089 『Amazing Performance W3』は、原作をまるごと舞台化するのではなく、インスパイアーされた舞台という位置付けだ。

言葉に頼らずに直感的な見せ方をするノンバーバル演出はもちろん、舞台版『W3』の最も奇妙な点は、「台本のない舞台」というところだろう。

単に物語をなぞるのではなく、プロジェクションマッピングやパペット、マジックを取り入れたり、小道具で影絵を表現したりと、自由な発想で『W3』という世界を舞台上につくり上げていく。

「(漫画の舞台化という意味では)いわゆる2.5次元舞台に近いのでしょうか?」という司会の質問に対し、ウォーリー木下さんは「一枚の絵を何枚も連続で見せる、アニメに近い表現」とした。

reW3_fly_omote_gazo_170406_2-1 1ヶ月前から始まっている稽古でも、「原作のこのシーンをこういう風に表現してみようか」と、俳優と相談しながら、今まさにみんなで手探りながらつくっているステージだという。

「全員で何かを表現する、演劇でもダンスでもない、フィジカルシアターに近い実験的な新しい作品になる」(ウォーリー木下さん)

イベントでは、今取り組んでいる最中のシーンの一部も映像公開された。

『Amazing Performance W3』稽古現場の一部を公開

1
2

こんな記事も読まれています

Recommended by

関連キーフレーズ

「Amazing Performance W3」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 16

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?