28

「ひとりぼっち惑星」作者の新作 記憶と引き換えに無人の家を守る機械が泣ける

「ひとりぼっち惑星」作者の新作 記憶と引き換えに無人の家を守る機械が泣ける

からっぽのいえ/画像はすべてGoogle Playより

アプリゲーム「ひとりぼっち惑星」で話題をよんだところにょりさんによる新作「からっぽのいえ」が、2月14日(火)iOS/Android向けにリリースされた。

人のいないからっぽの家を機械が守り続けていく終末感に溢れたミニゲームとなっている。なお、価格は無料だ。

退廃的な世界観で魅了 「ひとりぼっち惑星」とは?

2016年に公開された前作「ひとりぼっち惑星」は、バラエティ番組「マツコの知らない世界」での紹介やAppStoreでの無料総合ゲームランキング1位を獲得するなど、大きな話題を呼んだゲーム。 ジンコウチノウたちが戦争をしている惑星を舞台に、惑星にひとりぼっちのいきものがジンコウチノウの部品を集めながら、宇宙と自分の声を「じゅしん/そうしん」するアンテナを立てていく。

そのアンテナによって、瓶に手紙を入れて放流する「ボトルメール」のように、「見知らぬ誰かとメッセージをランダムに送受信しあう」という、言葉にしてしまえばそれだけのゲームシステムだ。

直接的な目的やわかりやすいストーリーはないものの、緻密なグラフィックと宇宙をまたいで、メッセージを送り合うという儚くも壮大な世界観が、多くのユーザーの心に感動を訴えかけた。

送り主のわからないそのメッセージには、ちょっとした日常エピソードや笑える話、胸を震わせるメッセージが混ざり合っていて、その度にネット上で大きな反響を生んだ。

記憶を失いながら戦い続ける「からっぽのいえ」

そんなところにょりさんの新作「からっぽのいえ」は、人のいないからっぽの家を、家庭用汎用性ロボット・RJ6388265がいつまでも守り続けるゲーム。 プレイヤーの操作は、画面上を浮遊する敵をなぞるだけ。ロックオンするとミサイルが発射される。

敵を壊すことで部品が溜まり、規定値に達するたびに家の設備を強化することが可能。ただし、強化するたびに家主との思い出のつまったデータを消失していく……というノベル作品となっている。 もちろん、削除した記憶データに再度アクセスすることは不可能。RJ6388265を補助する人工知能の主観によって、思い出が語られていくが、その記憶を削除しないとストーリーが進展しないという構成だ。 また、音楽/SEは、エレクトロニカレーベル・PROGRESSIVE FOrMからもアルバムをリリースしているsoejima takumaさんが担当し、壊滅した世界を美しく演出する。

前作「ひとりぼっち惑星」同様に、荒廃した世界をエモーショナルに描くところにょりさんの新作。記憶を失った人工知能の行く末は、その目で確かめてみてほしい。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

16
Share
5
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ