312

最新ニュースを受け取る

岩井俊二の傑作『打ち上げ花火』が劇場版アニメに 制作は新房昭之×大根仁

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』公式サイトより

岩井俊二さんの同名作品を原作としたアニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が、2017年8月18日(金)より公開されることがわかった。

同作品の声優として出演することが発表されたのは、菅田将暉さん、広瀬すずさん、宮野真守さんの3名。
公式サイトで公開された約1分の特報で、3人の声を聞くことができる。

制作陣には新房昭之さん、大根仁さん、川村元気さんが集結

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』『花とアリス』などで知られる岩井俊二さんによる同名作品を原作にしたアニメーション映画。

もとは、1993年にTVドラマとして放送され、ドラマでありながらも日本映画監督協会新人賞を受賞。さらに、1995年には実写映画化。岩井さんの名前を世に知らしめたと言える作品だ。
スクリーンショット/『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』公式サイトより

スクリーンショット/『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』公式サイトより

また、今回アニメーション映画として生まれ変わる同作は、制作陣もヒット作を連発している豪華なメンバーで固められている。

総監督・アニメーション制作を務めるのは『魔法少女まどか☆マギカ』『ひだまりスケッチ』などで知られる新房昭之さんとシャフトのタッグ。

そして、脚本は『モテキ』『バクマン。』などを手掛けた大根仁さん。プロデューサーは『君の名は。』『怒り』『何者』など、2016年だけでもプロデュース作をいくつもヒットさせている東宝の川村元気さんがそれぞれ担当している。

12月8日(木)現在、公式サイトでは1分程度の特報、イメージビジュアル1枚と出演者や制作陣からのコメントが掲載されている。今後、発表されていくであろう詳細に期待したい。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 48

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ