284

日本の絵文字(emoji)がニューヨーク近代美術館(MoMA)に収蔵

日本の絵文字(emoji)がニューヨーク近代美術館(MoMA)に収蔵

画像はMoMA公式リリースページより

ドワンゴ執行役員/企画開発本部長である栗田穣崇さんがドコモ時代に手がけた絵文字(emoji)が、アメリカ・ニューヨーク近代美術館(MoMA)に収蔵されたことが明かされた。 これについて、米The New York Timesなどの各メディアも報じており、大きな注目を集めている。

携帯電話時代の絵文字(emoji)がMoMAに収蔵の快挙

今回、MoMAのコレクションに加わったのは1999年から携帯電話に導入された「笑顔」や「ハート」などの176種類の絵文字。12月より、「絵文字の進化」をテーマにインスタレーション作品として展示が行われる予定だ。

ドコモ時代に携帯電話IP接続サービス「iモード」の企画・開発に携わった、栗田穣崇さんが生みの親とされる絵文字。絵文字の歴史を紐解いた洋書『The Story of Emoji』では、栗田さんへのインタビューも収録されている。 2015年には、うれし泣きをあらわす絵文字(Face with Tears of Joy)が、オックスフォード英語辞典の「2015年を代表する英語」に選出されるなど、絵文字はSNS時代のコミュニケーションツールとして世界中で愛されている。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

48
232
4
LINE
CKS

CKS

感動した

CKS

CKS

感動した

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ