31

『MdN』で装丁家 祖父江慎特集 宇宙人に「本とは何か」と問われたら?

『MdN』で装丁家 祖父江慎特集 宇宙人に「本とは何か」と問われたら?

『MdN』2016年7月号表紙

6月6日(月)に刊行されたデザイン月刊誌『MdN』7月号にて、ブックデザイナー・祖父江慎さんの特集が掲載されている。

「祖父江 慎、宇宙人に本という概念を問われたならば。」と題し、「本」という造形そのものに対する根本的な問いかけに、祖父江慎さんの視点で答えていくというユニークな特集となっている。

もし宇宙人に「本とは何か」と聞かれたら……?

祖父江慎さんは、1959年生まれ、愛知県出身のブックデザイナー。デザイン事務所・コズフィッシュの代表をつとめ、小説や漫画、絵本、写真集など、幅広いジャンルの書籍デザインを手がけている。

近年では、「スヌーピー展」「ミッフィー展」「ゲゲゲ展」「エヴァンゲリオン展」といった展覧会のアートディレクションやグラフィック、空間デザインなどを担当していることでも知られる。 『MdN』7月号は、祖父江さんの前に現れた宇宙人に「本とは何か」と問いかけられた設定で、その答えを通して「本」の本質に迫っていくという内容。

「人間たちがペラペラめくっている、それは何だ?」「紙というやつはなんでそんなに薄っぺら?」といった、あまり素朴で、だからこそ逆に不思議に感じる問いかけに、祖父江さんの視点で分かりやすく答えていく。 また、「読むこと」の本質やブックデザインの現状に迫るロングインタビュー「祖父江 慎のまじめな無駄話」のほか、祖父江さんが造本設計の際につくることの多い「造本設計プラン」「ビジュアル台割」「基本フォーマット」といった資料を原寸サイズで掲載。 11年越しに掲載された作品集『祖父江慎+コズフィッシュ』の内容に加え、諸事情により作品集に収録されなかった17点の作品も、祖父江さんのコメント付きで紹介される。

そして、初期コズフィッシュ在籍のデザイナー・佐々木暁さんや、コズフィッシュとともに数多くの本を制作してきた編集者・江上英樹さんといった、祖父江さんと親しい4人の関係者へのインタビューを通して、祖父江さんのパーソナリティにも迫っていく。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

8
Share
5
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ