17

getnews

最新ニュースを受け取る

『魔法使いサリー』から『まどマギ』まで! カルチャー誌『ROLa』が振り返る魔法少女の系譜

20代のカルチャー好き女子に向けた新潮社の『ROLa』(ローラ)。2013年11月30日に発売された3号目では、前号に引き続いての90年代少女コミックを中心としたマンガの特集を組んでおり、2013年11月より『鼻下長紳士回顧録』の連載がスタートした安野モヨコさんの作品の魅力をフィーチャーしているほか、武内直子さんの『美少女戦士セーラームーン』の担当編集だった小佐野文雄さんや『りぼん』(集英社)の”担当トミー”こと富重実也さんのインタビューなど少女マンガ好きならば見逃せない内容となっています。

中でも必読なのが、魔法少女マンガ&アニメについて年代別に紹介しているページ。1960年代に放映された『ひみつのアッコちゃん』や『魔法使いサリー』までさかのぼり、80年代の『ミンキーモモ』や『クリーミィマミ』、スタジオぴえろによる魔法少女シリーズもピックアップ。『魔女っ子デイズ』(BNN新社)などの著書のある竹村真奈さんが変身シーンに使うアイテムを中心にその魅力を解説しているのも必読です。
90年代に入ってからは、『セーラームーン』だけでなく『赤ずきんチャチャ』『姫ちゃんのリボン』『魔法騎士レイアース』『おジャ魔女どれみ』といった作品にも言及。2000年代に入ってからは、『プリキュア』シリーズもバトルシーンが進化した「戦闘系魔法少女」として存在感を発揮しているのは周知の通り。そして、現代美術作家の柴田英里さんのコラムでは『魔法少女まどか☆マギカ』について過去の作品と比較して友情をフォーカスしていると指摘しています。

『りぼん』『なかよし』『ちゃお』といった少女コミック誌をイメージしたページのデザインも楽しい今回の『ROLa』。マンガ特集だけでなく、2014年1月よりフジテレビ系で放映がはじまる『失恋ショコラティエ』の主役に起用された松本潤さんのインタビューやアイドルグループBABYMETALを蜷川実花さんが撮影したグラビアなどもあり、カルチャー女子を自認する人にとっては読み応えのある内容といえるのではないでしょうか。

『ROLa』公式Twitterアカウント
http://twitter.com/Rola_mag

関連リンク
    執筆者:ふじいりょう

    関連記事

    こんな記事も読まれています

    関連キーフレーズ

    「富重実也」を編集する

    キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

    この記事をツイート 11

    KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

    会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

    この記事へのコメント(0)

    SNSにも投稿する

    twitter_flag facebook_flag

    コメントを削除します。
    よろしいですか?

    ページトップへ