59

最新ニュースを受け取る

マンガ家・西村ツチカの個展「クマよけの鈴」が開催決定

画像は特設Webサイトのスクリーンショット

第15回「文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門での新人賞受賞や『さよーならみなさん』などで知られるマンガ家・西村ツチカさんの個展「クマよけの鈴」が大阪府中津にあるギャラリースペース・シカクにて開かれる。会期は2014年1月25日(土)~2月2日(日)まで。

会場では、10月30日に発売された単行本『さよーならみなさん』を購入すると「シカク限定缶バッジ」がプレゼントされる。また、西村さんの作品やグッズなどを購入金額2,500円につき「クマよけの鈴スペシャル缶バッジ(全3種類)」1つがプレゼント、さらに7,500円以上の購入では、同缶バッジ3種類すべてに加え、シークレットとなる1種がプレゼントされる。

鬼才と呼ばれるマンガ家

西村さんは2011年12月に第15回「文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門において、初となるコミックス作品集『なかよし団の冒険』で新人賞を受賞。

2012年からは『月刊!スピリッツ』にて「さよーならみなさん」の連載を開始し、2013年6月に発売された8月号で最終回を迎えた。

そして10月には、大幅に加筆や修正を加え、しかも自身2年ぶりとなる待望の単行本『さよーならみなさん』が発売。マンガ家としての活動以外にも、多数のアーティストのジャケットイラストを手がけるなど、要注目のマンガ家だ。

そんな西村さんの個展「クマよけの鈴」では、作品やグッズの購入特典として前述の「シカク限定さよなら缶バッジ」や「クマよけ鈴スペシャル缶バッジ」がプレゼント。特設Webサイトではバッジのイメージ画像が公開されている。会場で販売されるグッズに関しては、後日公開されるとのこと。

ドグマ出版の代表を迎えたトークショー

個展開催記念特別イベントとして開催日初日となる1月25日には、マンガやゲームの制作などを手がけるドグマ出版の代表にして、マンガ家やゲームクリエイター、ライターなど多彩な顔を持つ香山哲さんを迎えたトークイベントが開催される。

また、同時開催として「第一回 新春シカノーベル賞」も開催。個展会場となるシカクの店主・巴トメ夫さんを通常審査員に、特別審査員として西村さんと香山さんを招き、持ち込まれた作品のよいところを見つける加点方式で審査。受賞者には審査員の気分に応じて、素敵な勲章や商品がプレゼントされるようだ。

西村さんのマンガのルーツを探る

1月26日(日)には、西村さんが『月刊!スピリッツ』にて「さよーならみなさん」を連載していた当時をよく知る友人のマンガ家・永美太郎さんを迎えたトークイベント「忘れてた話」が開催される。

「さよーならみなさん」を連載する際に立てていたというある作戦。その作戦を西村さんが連載途中で忘れてしまった理由を永美さんと分析しながら、西村さんのマンガのルーツを探る内容になるようだ。

どちらのトークイベントも特設Webサイトからイベント参加の予約申込みを行うことができる。予約なしでも入場可能だが、定員に達した場合は予約の方を優先するとのことだ。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「マンガ家」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 52

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ