中島かずき

なかじまかずき

中島かずきとは、日本の劇作家・脚本家である。

概要

2010年8月20日付で退社するまでは双葉社の会社員で、脚本家・作家業はその傍らに行っていた。臼井儀人とは初期作品の編集を担当した縁で交流を深めるようになり、2002年には「クレヨンしんちゃん」劇場映画10作目を記念してクレヨンしんちゃん映画大全を企画・出版した。他に編集を担当していた作品に「ゲッターロボサーガ」などがあり、本人曰く今のところ、日本で一番石川先生(石川賢)の単行本を作った編集者とのこと。石川と同作品の大ファンであることから、自らのことをゲッター者と自負した。また、中島一基名義で、双葉社側のチーフプロデューサーや製作代表としてアニメや映画に関わることもあった。

2007年春には、初のアニメ作品のシリーズ構成を務めた「天元突破グレンラガン」と、新感線での戯曲が原作となり第23話の脚本を担当した「大江戸ロケット」の2本のTVアニメが放映されている。特撮ファンを公言しており、初期の新感線作品では、古田新太の登場シーンで「突撃!ヒューマン」のパロディをやったこともあったという。実現は果たせなかったが「特捜戦隊デカレンジャー」の脚本を構想したこともあった。2006年に「ウルトラマンマックス」で念願の特撮脚本デビューを果たし、その後も2007年に「獣拳戦隊ゲキレンジャー」、2010年には「仮面ライダーW」と特撮脚本を担当する機会が増え、2011年9月から放送された「仮面ライダーフォーゼ」にて初のメイン脚本を担当した。2013年にはTRIGGER製作のアニメ「キルラキル」の脚本を努めた。

似たようなキーフレーズ

Revoは、日本のミュージシャン、音楽プロデューサー。音楽ユニット・Sound Horizon及びLinked Horizonの主宰。

Mitchie Mは、日本の音楽プロデューサー。初音ミクを使用した楽曲を制作し、その調教の精度が高く評価されている。

植草航とは、イラスト・アニメーション作家として注目を集める。

DECO*27とは、日本の男性ミュージシャン、音楽プロデューサー。

新井 ひとみとは、日本の歌手・タレントで、ガールズ・ダンス&ボーカルグループ・東京女子流の最年少メンバーで副リーダー。

スケブリとは、でんぱ組.incのアートディレクションやtofubeatsのMVで注目を集めるデザイナー兼VJ。

同じカテゴリーのキーフレーズ

エンタメ

更新日: 2080日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ