セクハラ・インターフェース

せくはらいんたふぇーす

セクハラ・インターフェースとは、ガジェット。

概要

この掴みどころのない名を冠されたガジェットの正体は、センサーが取り付けられた大根をさすると、「あ〜ん」と艶っぽい声で喘ぐというもの。一見するとバカバカしいこの作品だが、そのスタイリッシュな見た目と、革新的なコンセプトで、今ネットを中心に注目され始めている。制作チームは妄想担当である市原えつこ、技術担当は渡井大己

似たようなキーフレーズ

同じカテゴリーのキーフレーズ

エンタメ

更新日: 2135日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ