12

最新ニュースを受け取る

京アニ最新作『境界の彼方』は10月よりTV放送! 青春アクションファンタジー作品

©鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会

8月5日(月)、京都アニメーションによる最新作『境界の彼方』のTVアニメ公式サイトが立ち上がり、アニメビジュアルとともに、2013年10月よりTOKYO MX他にて放送開始される予定であることが発表された。

TVアニメ『境界の彼方』は、鳥居なごむさんによる第2回京都アニメーション大賞奨励賞受賞作品『境界の彼方』が原作となっている。現在、京都アニメーション大賞が展開するライトノベルレーベル・KAエスマ文庫から1・2巻が発売中だ。

KAエスマ文庫『境界の彼方』TVCMムービー

『境界の彼方』

『境界の彼方』ロゴ

また、スタッフ陣も発表され、監督には、本作が初監督となる石立太一さんが抜擢された。石立さんは、『けいおん!』の絵コンテや演出、『たまこまーけっと』の原画や演出などをつとめている。シリーズ構成は、『中二病でも恋がしたい!』でもシリーズ構成をつとめた花田十輝さん、そしてキャラクターデザインは、こちらも初となる、『氷菓』や『日常』の作画監督などをつとめた門脇未来さんが担当する。

現在、公式サイトオープンを記念して、公式twitterアイコンを配布中だ。

本作は京都アニメーションのオリジナル作品「MUNTO」シリーズ以来、久しぶりのファンタジー作品となる。今後発表されるスタッフも含め、どのような作品となるのか楽しみだ。

あらすじ

「ある一族」たった一人生き残った少女と、存在しないはずの「半妖」の少年。二人の物語。

半妖の少年、神原秋人はある日の放課後、屋上から今にも飛び降りそうな少女と出会う。彼女の名前は栗山未来。異界士の中でも特異な呪われた血を持つ一族の最後の生き残りだった。変わらない部室。変わらない日常。変わらない世界。そんな毎日を過ごすはずだった。だが、一人生き残った少女と半妖の少年が出会ったとき──世界が一変する。

京都アニメーションが贈る青春アクションファンタジー作品。

スタッフ

原作:鳥居なごむ『境界の彼方』(KAエスマ文庫)
監督:石立太一
シリーズ構成:花田十輝
キャラクターデザイン:門脇未来
美術監督:渡邊美希子
色彩設計:宮田佳奈
小物設定:高橋博行
妖夢設定:秋竹斉一
撮影監督:中上竜太
音響監督:鶴岡陽太
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:境界の彼方製作委員会

キャラクター

栗山未来(くりやまみらい)【血を操る少女】
栗山未来(くりやまみらい)【血を操る少女】 この物語のヒロイン。血を操る系譜の異界士。だがその能力は異界士の中でも異端とされ、敬遠されている存在。とある事件がきっかけで妖夢が苦手になったため収入源が断たれ、それゆえ常に生活は貧窮している。盆栽と不愉快ブログが趣味。高校1年生。
神原秋人(かんばらあきひと)【半妖】
神原秋人(かんばらあきひと)【半妖】 半妖という存在で、不死身特性を持つこの物語の主人公。稀有な存在ゆえに、異界士にも妖夢にもなれず孤独を感じているが、本人はそのことから目を背けて生きてきた。大の眼鏡好きで、自らをメガネストと称している。文芸部所属。高校2年生。
名瀬美月(なせみつき)【サディスト】
名瀬美月(なせみつき)【サディスト】 異界士として名を馳せる名瀬家の次女。監視目的で秋人と一緒にいるが、実際は秋人のことをすごく心配している。秋人とは腹を割って話ができる仲でサディスティックな言動がデフォルト。文芸部部長。高校2年生。
名瀬博臣(なせひろおみ)【見守る男】
名瀬博臣(なせひろおみ)【見守る男】 異界士として名を馳せる名瀬家の長男。美月の兄。秋人とは過去に事件があったらしいが、今では冗談を言い合える間柄になっている。極度のシスコン。異界士の能力の弊害として極度の冷え性で、つねにマフラーやストールを巻いている。高校3年生。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「TOKYO MX」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 10

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ