KAI-YOU.netに登録して
さらなる爆ポップ体験を!

71

劇場版『シティーハンター』新作 EDはもちろん「Get Wild」小室哲哉も期待

新作「劇場版シティーハンター」制作決定スペシャルムービー2022

待たせたな。俺を呼んだのは君だろ

北条司さん原作のアニメ『シティーハンター』の第1話放送から35年を迎える4月8日、新作劇場アニメーションの制作が決定した。公開時期は未定。

新作劇場版でも、これまでと同じく主人公・冴羽獠役は神谷明さんが担当。エンディングテーマはもちろん、作品の代名詞となっているTM NETWORKGet Wild」が使用される。

制作決定が発表された4月8日は、アニメ第1話から35年にあたるだけでなく、「Get Wild」のリリースからも35年(1987年4月8日)の記念日でもある。

劇場版やフランス版も人気の『シティーハンター』

『シティーハンター』は累計発行部数5000万部を突破する人気漫画。1987年からはTVアニメが放送され、ハードボイルドな内容とコメディ要素が相まって、高い人気を獲得。長年親しまれ続けている。

2019年には、20年ぶりとなるアニメ最新作『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』が公開。興行収入15億円を超えるヒットを記録した。
「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」
同年、その人気は海を越える。2月にフランスで実写版『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』が公開。

幼少期から『シティーハンター』のファンだったというフィリップ・ラショーさんによって制作された同作は、観客動員数168万人を超える大ヒットを記録した。

1985年に誕生した作品でありながら、複数回にわたるTVアニメ化や劇場アニメ化、さらには実写化と、現在に至るまで根強い人気を誇る。

北条司、神谷明、小室哲哉が新作に向けコメント

神谷明さん

劇場最新作の制作決定に際して、原作の北条司さんや、冴羽獠を演じる神谷明さん、エンディングを担当するTM NETWORKの小室哲哉さんからコメントが届いている。

その中で小室哲哉さんは、ロングセラーヒットとなったエンディング曲「Get Wild」について「『人』のような存在」とコメントするとともに、新作への期待を語っている。

原作:北条司さんコメント

新作お待たせしました。アニメ第1話からちょうど35年にあたるこの⽇に、皆さんにお伝えすることができ感慨深いです。「Get Wild」もエンディングに使⽤されることが決定しました。
内容はまだお話できませんが、今回の新作は、前回とはひと味もふた味も違ったものになりそうです。
楽しみに待っていてもらえたら嬉しいです。

冴羽獠役:神谷明さんコメント

知らせを聞いたときは嬉しかったですね。永遠のヒーロー、格好良い獠ちゃんが帰ってきます。ストーリー、音楽など、期待を裏切らない素敵な作品にしたいと思っています。
「待たせたな。俺を呼んだのは君だろ!」

TM NETWORK:小室哲哉さんコメント

「Get Wild」は『シティーハンター』がなかったら生まれていません。
35年も愛してもらえるロングセラーのヒット曲なんて、いくら狙っても作れるものではないなと改めて思いました。「Get Wild」はもう「人」のような存在ですね。ありがたいことです。
『シティーハンター』最新作、期待しております。

アスファルトタイヤを切りつけながら──

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

28
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ