33

連載 | #316 ポップな画像を紹介してみた

使うほど天然石や化石が姿を現す「発掘石鹸」 たくさん手洗いしたくなる

使うほど天然石や化石が姿を現す「発掘石鹸」 たくさん手洗いしたくなる

「発掘石鹸」/画像はすべてS.iijimaさんの提供

POPなポイントを3行で

  • 化石や天然石が発掘できる石鹸
  • 子供時代の経験を元に制作
  • コンセプトは「毎日手洗したくなる」
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防策として、近年見直されている手洗い。そんな手洗いを楽しませてくれる石鹸をご紹介。

使い続けると中から、アンモナイトなどの化石や天然石が姿を現わす発掘気分を楽しめる石鹸です。

今すぐ欲しいと思い、制作者のS.iijimaさんに話を聞きました。

ヒントは子供時代のおもちゃ

箱のデザインもカワイイ

多摩美術大学のグラフィックデザイン学科に在籍しているS.iijimaさん。

日々の手洗いから一転、まるで考古学者のような非日常を味わうことができるこの石鹸は、大学の課題で制作したものだそうです。

なので、販売予定はないとのこと(アンモナイト発掘したかった)。

アンモナイト発掘した、手洗いたい

コロナ禍で手洗いが重要視されていることに注目したS.iijimaさんは、「小さい頃はハンドソープを使うのが少し億劫に感じ、あまり使っていませんでした。そんな同じような気持ちの人にも、積極的に使ってもらえる石鹸を目指し制作しました。」と、作品の着想について教えてくれました。

なんでも、おもちゃが入ったバスボールや土の塊から宝石を掘り出すキットなどのおもちゃからヒントを得たそうです。

そして完成した「発掘できる石鹸」のコンセプトは「毎日の手洗いを楽しくさせる」。確かに、発掘したい一心で通常より熱心に手洗いをしたくなります。

見た目が石な石鹸、気になる制作過程

この色味とムラが良きですね

既製品の石鹸はツルツルで真っ白ですが、この石鹸は見た目がゴツゴツとして石っぽいのがポイント。

黒色の無骨な岩石タイプと、グラデーションが効いた天然石っぽい3色(グリーン、レッド、ブラウン)があります。

となると、気になるのが制作方法ということで、簡単にレシピを教えてもらいました。

まず市販の石鹸を溶かし、レジンなどを入れる石型の型に流し込み、化石などを真ん中に入れ込むという3ステップだそうです。

あえて色むらやバラつきをつくり石っぽさを醸しだすのがポイントです。

市販の石鹸にも、溶けにくい純石鹸、溶けやすくハンドメイドにも使われるグリセリンを主にした石鹸があるのですが、色むらや溶け具合のバラつきを作ると石っぽさが強くなることに気づいたので、あえて純石鹸を使用しました。

「色むらや溶け具合のバラつきがの出やすい純石鹸を選択したことで、自分の想像していたものが完成できました。」と語るS.iijimaさん。

「ただ、溶かす時間の調整や水分量によって思い通りの色を作るのが難しくなり、そこが1番苦戦したところでもありました。」と創作秘話も明かしてくれました。

手を洗おう

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

32
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ