516

B’z、全曲サブスク解禁 Billboard歴代年間チャート上位5組がほぼ出揃う

B’z、全曲サブスク解禁 Billboard歴代年間チャート上位5組がほぼ出揃う

B’z全楽曲ストリーミング配信解禁/画像は公式Twitterより

POPなポイントを3行で

  • B’z、全楽曲サブスク解禁
  • 松本孝弘・稲葉浩志のソロ楽曲も一部配信
  • 日本Billboard年間チャート上位5曲がほぼ揃う
ロックユニット・B’zが、全楽曲のストリーミング配信を解禁。5月21日よりApple Music、Spotify、AWA、LINE MUSICなどの各種サービスで配信を開始した。

B’zの全シングル・アルバム・ミニアルバム・ベストアルバムに加え、ギタリストの松本孝弘さん、ボーカリストの稲葉浩志さんのソロ作品(一部を除く)が配信されている。

今回の解禁により、Billboard JAPANの年間チャート「Billboard Japan Hot 100 Year End」上位ベスト5にランクインしたほぼすべての楽曲が出揃った(2016年のSMAP「世界にひとつだけの花」を除く)。

なおB’zは2009年に同チャートで1位を記録している。

CDからサブスクへ、音楽シーンの変化

2015年のApple Musicなど大手ITプラットフォームによるサービス開始、2016年のSpotifyの上陸などを皮切りに、市場拡大を続ける定額制(サブスクリプション)音楽ストリーミング配信サービス。

日本レコード協会の調べによると、2020年度の日本での売り上げは500億円にものぼる(外部リンク)。

それを受け、多くのポップスターや大御所アーティストたちが自身の楽曲の配信を「解禁」する流れが続いている。

2008年からスタートした「Billboard Japan Hot 100 Year End」上位ベスト5にランクインしたアーティストでは、2018年にMr.Childrenコブクロが、2019年にSEKAI NO OWARI星野源さん、LiSAさん、サザンオールスターズが、2020年に(ただしカップリング曲は除く)、RADWIMPS米津玄師さんなどが、それぞれ過去作品ほぼすべてを配信したことで話題を呼んだ。

世界で最も権威のあるチャート「Billboard」

Billboard JAPAN/画像はBillboard JAPAN公式サイトより

Billboard Hot 100は、CDセールスなどの「所有」のみならずラジオのオンエア数などの「接触」を組み合わせた複合チャート。

世界で最も権威のあるチャートのひとつと言われており、日本版チャートは2008年より始まった。

時代を反映してその指標はアップデートされており、2015年よりYouTubeでの再生回数とストリーミング数が指標に加えられている。
1
2

こんな記事も読まれています

495
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ