7

坂元裕二脚本『花束みたいな恋をした』菅田将暉&有村架純の同棲シーン

『花束みたいな恋をした』

  • 7 images

POPなポイントを3行で

  • 『花束みたいな恋をした』同棲シーン公開
  • 坂元裕二×土井裕泰『カルテット』以来再タッグ
  • 恋人役を菅田将暉&有村架純が務める
1月29日(金)に公開を控える映画『花束みたいな恋をした』。

脚本を坂元裕二さんが、監督を土井裕泰さんがつとめる、ドラマ『カルテット』以来のタッグとなる。

主演を務める山音麦役の菅田将暉さんと八谷絹役・有村架純さんの同棲シーンを映す「2人だけの新生活編」映像と場面写真が公開された。

柔らかく優しい「花束みたいな」恋愛物語

東京・京王線、明大前駅で終電を逃し、偶然出会った大学生の山音麦八谷絹。恋に落ちた2人は、大学を卒業しフリーターをしながら同棲を始める、という恋愛映画。

今回公開されたのは、その新たな生活を映した映像だ。

京王線・調布駅から徒歩30分のベランダから多摩川の景色が広がる部屋で生活を始めた麦と絹。

動画では、玄関のお揃いの靴や温もりある木の床、日用品を抱えながら焼きそばパンを分け合って食べる2人が映し出される。何気ない恋人の日常が微笑ましい。

バイトを始めた2人の「バイト終わりには駅前で待ち合わせして、二人で歩いた。」「徒歩30分の帰り道が、何よりも大切になった。」というモノローグが映像を彩る。

脚本家・坂元裕二×監督・土井裕泰

映画『花束みたいな恋をした』140秒予告【2021年1月29日(金)公開】
恋愛ドラマの金字塔『東京ラブストーリー』はじめ、『Mother』や『最高の離婚』『カルテット』『anone』など、数々のヒット作・話題作を世に放ってきた脚本家・坂元裕二さん。

現在の社会背景を下敷きに、様々な状況に置かれた人同士の繊細な触れ合いが現実味ある形で描き出され、会話の中に何気なくしかしはっとさせられる台詞が仕込まれている彼の作品は、年代を超えて広く愛されている。

最近では、『逃げるは恥だが役に立つ』や『アンナチュラル』などの脚本をつとめた野木亜紀子さんとタッグを組んだ映画『罪の声』などを手がけ土井裕泰監督は、坂元裕二さんとは『カルテット』以来の再タッグ。

2017年に放送された連続ドラマ『カルテット』では、恋愛だけでなくヒューマンサスペンスやコメディのテイストも入れ込んで複雑な人間関係を描き、見る者を魅了した坂元裕二さんと土井裕泰さん。今度はどのようなアプローチで2人の恋愛を描くのか。

力を結集して届ける「はな恋」

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

5
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ