2994

東海オンエアインタビュー…になるはずだった ろくろも回った!岡崎遠征珍道中

てつや「東海オンエアと自身に向き合った1年に」

真剣な表情のてつやさん

「メンバーそれぞれが個々の活動で獲得してきたものがぎゅっと集まって力を発揮する。そんなグループの強みを見せられたと思う」

新型コロナウイルスの影響で思うように活動できない面もあった1年を、グループのリーダー・てつやさんはそう振り返る。

インタビューのトップバッターらしいコメントだが、手元はご覧の通り。 ろくろを回している。

「個人の活動で、外からいろんな要素を(グループに)持ってくると崩れちゃうこともある。それでも僕らはうまくいっている」

それが東海オンエアの強みということか。

探している…

うまくいってるのか、僕らもまだ探してる

!?

気を取り直して、発売されたばかりのエッセイ『天才の根源』の話題へ。 YouTuberとしての自分の内面がようやく浸透してきたと語るてつやさん。

天真爛漫、適当と思われがちだけど、心の中には“こぶ”のようなものがあるという。

ん? こぶ…?

こう見えて心の中のどす黒いものと戦いながら生きてきた

これまでの生き方を「その場その場で瞬間的に判断しながらやってきた」と振り返る。

熟考とは対局の生き方で「むしろでこぼこ、めちゃくちゃ」(?)とする一方で、その道のりは「悪くない」と語った。

ここまでの出来は悪くない

(なるほど?)

せっかくの機会なので、東海オンエアの魅力である企画力・動画のネタ出しについても聞いてみた。

「ネタは考えても出てこないこともある。そういうときは目につくものから派生させていく。たとえばお茶碗があったとしたら、お皿…皿回し…大道芸! みたいに」 とはいえ失敗もある。

「お茶碗から派生して花瓶に、そうかと思えば花瓶を目指したせいでドロドロになっちゃうことも」

お茶碗から花瓶を目指して…

ドロドロに…

ただ、てつやさんは言う。「それが僕らの良さ」と。

「きれいであり続ける必要はない。ありのままを全力で伝えていくのが東海オンエア。これからもその姿勢を崩さず、しっかり焼き上げて固めていきたい

わりときれいなものができあがった

ここまで読んで(いやむしろ最初から)、多くの人はすでにお気づきのはず。

つまり「インタビューでろくろを回すポーズ取るからいっそろくろ回しながらインタビューいけるんじゃね!」という企画である。

ろくろに集中し過ぎて思わず飛び出す謎の回答、逆に手元とシンクロする言葉、ポロッとこぼれたように見える本音──なんかわかんないけど最後は陶芸作品ができあがっている。

1
2
3
4

こんな記事も読まれています

2974
Share
1
LINE
onda

恩田雄多

コメントありがとうございます!
記事を執筆したKAI-YOUの恩田といいます。

最大級の褒め言葉ばかりいただけで恐縮です!
動画あってこその記事だとは思いますが、楽しんでいただけたならとてもうれしいです〜

匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん

動画よりこの記事の方が面白かったかもしれないw

ツッコミが鋭いのにしばゆーの卑猥な作品にはツッコまないでくれる優しさよ…
としみつの顔芸画像ほんとに笑った

匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん

動画から来たものなんですけど、インタビューの仕方がさすがプロだと素人ながら思いました。そしてこの記事も見やすく読んでいてとても楽しかったです!最後の写真とてもいいですね!!

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ