6

YOASOBI映画『たぶん』 3組の男女描く予告編とポスタービジュアル

YOASOBI映画『たぶん』 3組の男女描く予告編とポスタービジュアル

映画『たぶん』ポスタービジュアル

POPなポイントを3行で

  • 小説を音楽にするユニット・YOASOBI
  • 第4弾楽曲「たぶん」の原作小説が映画化
  • 映画『たぶん』の予告編とビジュアルが公開
YOASOBIの楽曲「たぶん」のもとになったしなのさんによる原作小説をオリジナルショートストーリー化した映画『たぶん』の予告編とポスタービジュアルが解禁された。

予告編では大学生のカップル「ササノとカノン」、高校のサッカー部員とマネージャーの「川野と江口」、会えない日々が続いたカップル「クロとナリ」を順に映し出し、それぞれの葛藤を描いている。

なお映画は11月13日(金)に公開を予定している。

原作の場面を想起させる予告編

ササノがカノンと同棲している部屋から出ていく場面の「お邪魔しました、元気で」というセリフから始まる予告編。

この場面からYOASOBIの「たぶん」がそっと色を添えつつ、3組の男女のやり取りが次々と映し出され、そして動画は最後では「これで僕たちは前に進める」というササノの印象的な言葉と涙で締めくくられる。
映画「たぶん」予告(60秒ver.)
映画はコロナ禍を想起させる環境の変化を下地にしており、この激変に翻弄される男女を描いたストーリーに共感する方も多いのではないだろうか。

キャッチコピーの「曖昧な言葉の中にある、確かな気持ち」を意識しているような6人の写る、淡い色合いのポスタービジュアルも必見だ。

作品を彩るYOASOBIの魅力

若者を中心に支持を集める小説を音楽にするユニット・YOASOBI。

小説をもとに楽曲をつくっており、爆発的に大ヒットした第1弾楽曲「夜に駆ける」は、Billboard Japan Hot 100やオリコン週間合算シングルランキングで複数週にわたって1位を獲得。

ストリーミング再生回数は2020年9月に2億回を突破した。
YOASOBI「夜に駆ける」 Official Music Video
第4弾までの楽曲はそれぞれ原作のコミカライズ、映像作品とのコラボなど新たな展開が続いており、これら原作小説を集めた「夜に駆ける YOASOBI 小説集」は発売1週間で重版が決定。

来年にはYOASOBI初のCD発売も予定しており、今回の映画化も含め、飛躍し続ける彼らから目が離せない。

©️ソニー・ミュージックエンタテインメント

進化し続ける音楽たち

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

3
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ