148

『幻想水滸伝』チームの最新作『百英雄伝』 クラファンが爆速で1億円突破

『幻想水滸伝』チームの最新作『百英雄伝』 クラファンが爆速で1億円突破

『百英雄伝』/画像はKickstarterページから

POPなポイントを3行で

  • RPG『百英雄伝』がクラウドファンディングを開始
  • 支援額が爆速で1億円を突破
  • 制作は『幻想水滸伝』スタッフの立ち上げたスタジオ
日本時間で7月28日1時、アメリカのクラウドファンディング・プラットフォーム「Kickstarter」にて、RPGゲーム『百英雄伝』の支援募集が始まった。

制作するのはKONAMIの人気PRGシリーズ『幻想水滸伝』のスタッフによる新会社・Rabbit & Bear Studios。

支援の募集後、とてつもない勢いで支援が殺到。Kickstarterのサーバーがダウンしてしまうという事態も発生した。 28日の10時頃には支援額が100万ドルを突破。

記事執筆時点では140万ドル強の支援が集まっており、スクリーンショットを取ろうとする間もぐんぐん数字が伸びていた。

どんどん数字が伸びていきスクショが大変だった/画像はKickstarterページのキャプチャ

これぞ日本のRPG『百英雄伝』

主軸として描かれるキャラクターの一人・ノア/画像はKickstarterページのキャプチャ

『百英雄伝』は様々な種族や価値観が集まる、剣と魔法の世界「オールラーン大陸」を舞台に100人を超えるキャラクターが織りなす物語。

その世界観を、伝統を継ぎつつも進化した3Dの背景と2Dのピクセルアートで動くキャラクターで表現。

日本のRPGの老舗「テイルズ」シリーズの音楽を制作する桜庭統さんや『ゼノブレイド』の音楽を手掛けたプロキオン・スタジオの豪華チームが手掛けたBGMが彩っていく。
百英雄伝 BGM~英雄達の出立
公式ファンコミュニティも開設。開発から発売までは2年半が予定されているが、その間を埋めるためファンも一体となって盛り上げていこう。

日本のRPGの遺伝子が色濃く出た日本らしい本作。筆者も開発中のプレイ画面を見てテンションが上がりまくっているので、実際にプレイできる日が楽しみだ。

ゲームシーンを見通すニュース&コラム

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

148
0
0
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ