ランニング中に聴く洋楽 -Running BGM-
サッカー部が好き勝手してくれることの功罪はみんなに気を遣わせないことだったと気付く。

彼らのいない先週までの教室は、空気を読んだ選曲を空気を読んで聴く空間だった。

別にそれは悪いことではない。ただ、心のどこかで「自分の部屋のようにリラックスしたい」と感じていたのは否定出来ない。

だから、サッカー部が自由に選んだ曲を流せば流すほど、各々でイヤホンを取り出し一人きりで自分のプレイリストを聴き始めるという現象が起きたのだ。

誰にも気を遣わずに、個人的に好きな曲を聴きながら作業出来る。しかも、誰にもそれをとやかく言われない。そういう意味ではサッカー部の作った空気感は成功のような気もした。

で鞄からイヤホンを取り出して、接続ボタンを押す。

にとって音楽を聴くことは“走ること”だ

しかし、音楽が流れない。

スマホを見ると、別のBluetoothイヤホンもそこに表示されていて、どうやら間違えてそっちを「接続」にしてしまっていたようだった。

あっ、この曲、好き

その瞬間、工藤さんがそう言ってこっちを見たのがわかった。

彼女のイヤホンにはのスマホの音楽が流れてしまっていたのだ。

あっ、ごめん」と多分工藤さんには聞こえないくらいの声で口にしたは、どうしていいかわからなくなってとりあえず接続を切ろうとした。

このままでいいよ

よく聞こえなかったが、工藤さんの口の動きが「このまま」と言っているのはわかった。

を形成する何かが、直列で彼女の耳に流れ込んでいくのはあまりにも不思議な感覚だった。

いつも一人きりで誰とも共有せずに聴いていたはずの世界に彼女が入門してきたからだ。

それから彼女は一言も口を聞かずに、夕焼けが見えなくなるまで会話を続けた。

一歩もこの場から動いていないのに、は確実に走り出していた。

1
2
3
4
5
6

プロフィール

ハハノシキュウ

ハハノシキュウ

ラッパー・小説家

青森県弘前市出身のラッパー/小説家。2012年05月、処女作品集『リップクリームを絶対になくさない方法』をリリース。2013年09月、フリースタイルダンジョン初代モンスターDOTAMA とのコラボアルバム『13 月』をリリース。2016年11月、地下アイドルおやすみホログラムの遍歴をエモーショナルにラップした『おはようクロニクルEP』がポニーキャニオンからリリースされ、実質メジャーデビューを達成する。2017年06月、ハハノシキュウ× オガワコウイチ名義で2 枚組アルバム『パーフェクトブルー』をおやすみホログラム所属のgoodnight! Recordsからリリース。さらに、2017年12月には自身のセカンドソロアルバム『ヴェルトシュメルツ』と盟友インプロデュオHUHとの即興コラボアルバム『3年後まで4年かかるタイムマシン』をOOO!SOUNDより2枚同時リリース。そして、2019年04月には念願の小説家デビューを果たし、星海社より『ワールド・イズ・ユアーズ』を刊行する。同年の07月、その小説を買ってくれた人へのサービスを建前に、小説の宣伝ソングという本音を隠して『小説家になろうEP』をデジタルリリース。同時に自主レーベル『猫背レコーズ』を立ち上げ『懐祭り』『顔』『鼠穴』と矢継ぎ早にリリースする。現在、2冊目の小説、Amaterasとのコラボアルバム、自身の3rdアルバムを同時進行で制作中。

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ