14

百合をテーマにした「百合展」が全国巡回 ヴィレヴァン主催の展示フェア

百合をテーマにした「百合展」が全国巡回 ヴィレヴァン主催の展示フェア

「百合展2020」

POPなポイントを3行で

  • 「百合展2020」が全国を巡回する形で開催
  • ヴィレッジヴァンガードが主催する展示フェア
  • 女性同士の友情や愛情を意味する「百合」がテーマ
女性同士の友情や愛情を意味する「百合」をテーマとした「百合展」が、2020年も開催される。

同展はヴィレッジヴァンガードが主催する展示フェアで、多数の作家が参加し、描き下ろしグッズなども販売される。

2016年から毎年開催の「百合展」

2016年からスタートし、2019年は東京、大阪、仙台、名古屋、福岡の5都市で開催された「百合展」。

毎年多くの人気作家が展示に参加。2019年は『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の作者・平尾アウリさん、『ゆるゆり』の作者・なもりさんなど、31人のクリエイターが集った。

「百合展2019」メインビジュアル/画像は公式サイトから

「百合展2019」メインビジュアル/画像は公式サイトから

また毎年写真家と漫画家が展示のメインビジュアルを手がけており、2019年は『やがて君になる』の作者・仲谷鳰さんと、写真家の高橋みのりさんが担当した。

2020年の展示は3月から全国を巡回予定で、最新情報は公式Twitterで順次発表される。

気になるクリエイター

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

9
Share
0
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ