11

POPなポイントを3行で

  • エレクトロニカアーティストPOGOがYouTubeLiveで放送事故?
  • 実は、Windowsの音を使ったリミックス! その演出が話題に
  • POGOのドリーミーなエレクトロニカの魅力について紹介

最新ニュースを受け取る

YouTubeでLive配信中に事故...!?/画像はPOGOの公式YouTubeチャンネルより

アニメやドラマのセリフをサンプリングし、電子音楽へ昇華させるオーストラリアのアーティスト・POGO(Nick Bertke)さん。

そんな彼が1年前に行ったYouTubeライブでの演出がTwitterで話題に。 DJをしている最中に、パソコンがフリーズ。よく見かける光景にガッカリ…かと思いきや、実は完全なる「つなぎ」の演出

Windowsのフリーズ音だけでなく、起動音やエラー音など、パソコンにまつわる音をサンプリングし、リミックス・アーティストとして本領を発揮してコメント欄も大盛り上がり。最高!

エレクトロニカアーティスト・POGOの魅力

ディズニーアニメやドラマなど、誰もが一度は耳にしたことのある映画のセリフや効果音を音楽へと昇華させる魔法使いのようなアーティスト、それがPOGO。

例えば代表曲「Alice」は、トラックのほとんどがディズニー映画『Alice』の劇中音だというのだから驚きである。
POGO - Alice
トラックをバラバラに分解し、世界観を再構築し直すPOGOさん。エレクトロニカの中でも、特別浮遊感が強いのが彼の音楽の特徴であり、強みだ。

そのクオリティが認められ、版権に厳しいディズニーとも公式に関わったこともあるほど。

POGOさんは、あなたの中の「リミックス」の定義を変えてしまうような衝撃を与えてくれるアーティストであるかもしれない
POGO - Wishery
ドリーミーで甘美な世界を見せてくれるPOGOさんは、音楽だけでなく、MVの構成力という点でも只者ではない

どこかとろんとした旋律と、元の映像をリミックスしてつくられたこれらを見れば、まるで夢の世界にいるような感覚に陥ってしまう。

しかし、POGOさんのつくる曲の魅力は、甘美なエレクトロニカのみにとどまらない。

まさかのトランプ米大統領をサンプリングした「Trumpular」(外部リンク)や、みなさんもよく知るアニメ「ポケットモンスター」をリミックスした少々棘のある音が特徴的なダブステップ系の曲「Catchatronic」(外部リンク)などもユニークな作品も。

彼の音の世界は無限に広がっている。

サンプリングやビートジャックの魅力

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「POGO」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 10

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ