188

エ口マンガの歴史をひもとく──唯一無二の名入門書、増補版発売

エ口マンガの歴史をひもとく──唯一無二の名入門書、増補版発売

『増補 エロマンガ・スタディーズ ─「快楽装置」としての漫画入門』

批評家・編集者の永山薫さんによる書籍『増補 エロマンガ・スタディーズ ─「快楽装置」としての漫画入門』が、4月9日に、文庫レーベル・ちくま文庫より発売された。

本書は、これまで数多くの作品が生まれてきた、日本のエロマンガにおける歴史や現状、さらにはエロマンガに向けられる「欲望」や多様化するジャンルなど、日本のエロマンガを網羅した1冊。表紙は、エロマンガを中心に活動するマンガ家の新堂エルさんが手がけている。

本格的にエロマンガを論じた希有な本

『増補 エロマンガ・スタディーズ ─「快楽装置」としての漫画入門』は、2006年に発売された同書籍の増補版。これまでに、エロマンガについて論じた本や評論が少ない中、1970年代以降のエロマンガ史を一望した、唯一無二のエロマンガの評論本として大きな話題を呼んだ。

改訂と加筆が加わったのは、約40ページにもわたる「21世紀のエロ漫画」と題された補章部分。

ここでは、2006年以降の青少年保護育成条例などをはじめとする東京都条例と児童ポルノ禁止法という、エロマンガに対する2回の規制の波について書かれている。

さらに詳しく知りたい方は、永山さんが共同編著で参加している書籍「マンガ論争勃発」シリーズと、ミニコミ誌『マンガ論争』の参照が勧められている。

監修は、2006年以降、著者の永山さんがエロマンガ界批評から漫画批評全般へと軸足を移したこともあり、エロ漫画研究家の稀見理都さんが担当している。

発刊記念イベントも開催!

4月18日(金)には、ゲンロンカフェにて、本書籍の発刊記念イベントが開催される。

著者の永山さんをはじめ、エロや暴力などのアングラにフォーカスするメディア「TOKYO BREAKING NEWS(旧日刊ナックルズ)」の編集長を務める久田将義さん。

さらには、本書の増補版で解説を書いた、作家や思想家と幅広い顔を持つ東浩紀さんを迎えて、エロとマンガをめぐる徹底討論を行う。前売りチケットは「Peatix」にて販売中だ。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

68
Share
21
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ