『Destiny』コアゲーマー TeddyLoid 新作PVで楽曲プロデュース

『Destiny 2』 Live Action Dance Trailer “Freestyle Playground”

アクションシューティングゲーム『Destiny 2』の発売に合わせて、その自由なプレイスタイルをストリートダンスセッションで表現したPVが公開された。

DJ/サウンドプロデューサーのTeddyLoidさんが書き下ろした楽曲をバックに、総勢39人のダンサーがガーディアン姿でセッションを繰り広げる。

3000万人以上がプレーするアクションシューティングゲーム

PlayStation4用ソフト『Destiny 2』は、英国アカデミー賞ゲーム部門でベストゲーム賞を受賞、全世界3000万人以上(Activision社調べ)がプレーする『Destiny』の続編。

プレイヤーは時に1人で、時に他のプレイヤーと協力して戦いながら、自由なスタイルで成長し、人類の脅威へと立ち向かっていく。

『Destiny』のコアゲーマーであるTeddyLoidさんとは?

TeddyLoidさん

TeddyLoidさんは、弱冠18才にしてDJ/サウンドプロデューサーとしてキャリアをスタート。

ガイナックス制作のアニメ『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』のオリジナルサウンドトラックのほか、ももいろクローバーZ「Neo STARGATE」などでサウンドプロデュースを担当した。

2014年のメジャーデビュー以降は、小室哲哉さん、中田ヤスタカさんなどを迎えた2ndアルバム『SILENT PLANET』のリリースに加え、KOHHさん、ボンジュール鈴木さん、DAOKOさん、ちゃんみなさんといった気鋭アーティストとともにスピンオフ作を発表。

海外からの評価も高く、2016年の海外のSpotifyで最も再生された日本のアーティスト5組にも選出されている。

『Destiny』のコアゲーマーであると語るTeddyLoidさんは、楽曲について、「ヘビープレイしたタイトル、『Destiny』。広大な空間での共闘感と、ゲーム内のエモート・ダンスにフィットする様な一体感のある楽曲に仕上げられたと思っています」とコメントしている。

要注目のサウンドプロデューサーが手がけるのは

映像情報

『Destiny 2』 Live Action Dance Trailer “Freestyle Playground”

出演
YU-YA(ダンサー)、TAKEHIRO(民族系ダンス)、SHIN(民族系ダンス)、JUN(ブレイクダンス)、MOONYMANG(ロボットダンス)、RYU-SEI(ロボットダンス)、SANBON(ロボットダンス)、堀野一穂(HIPHOPダンス)、ギニュ~特戦隊 ギア(ヲタ芸ダンス)
ダンスプロデュース
振付稼業air:man
音楽
TeddyLoid
監督
志賀匠

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

音楽・映像の週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ