41

最新ニュースを受け取る

ソニー「Project FIELD」がスマホ連動パッドでカードゲームに新体験を
12月7日(水)、ソニーが、スマートフォンやタブレットをつなげて新たなカードゲーム体験を提供する新プラットフォーム「Project FIELD」を発表した。

専用パッドとスマートフォンをBluetoothで接続し、専用カードを読み取ってアプリ上へリアルタイムにカード情報を反映する仕組みとなっている。

その第一弾として、人気コンテンツ「妖怪ウォッチ」シリーズが制作されることも明らかにされた。

ソニーの「Project FIELD」は、カードゲームを次なるステージに進める新プラットフォーム

SONY_Project FIELD プレイイメージ これは、PlayStationのタイトルをスマートフォン向けに展開するため、4月にソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が設立した新会社・フォワードワークスのコンテンツ発表会「ForwardWorks Beginning」にて発表された新プロジェクト。

「Project FIELD」では、カードをパッド上に置くと、それを読み取って、パッドとBluetoothで接続させたスマートフォンのゲームアプリ上にキャラクターやアイテムが出現。さらに、カードを移動させたり向きを変えたりすることで、自在に操作できる。 SONY_Project FIELD Pad_ 第1弾「妖怪ウォッチ」は、フォワードワークスと、株式会社レベルファイブ、株式会社バンダイとの協業により開発される。それに続き、今後さらにコンテンツの拡充を図っていくという。

「Project FIELD」の具体的な特長は下記。

1.カードをパット上で操作して遊ぶ新しいカードゲーム体験
パッドはスマートフォンなどとBluetooth で接続して使用します。カードをパッドの上に置くと、スマートフォンの画面にキャラクターやアイテムなどが出現し、カードの移動や向きを変えることで自在に操作することができます。ゲーム開発者の皆様は、アイデア次第でゲーム内での様々なアクションや効果を表現できます。

2.カードの読み取りや書き込みが可能
カードにはICチップを内蔵しており、パッドに置いてカード内の情報を読み取ることはもちろん、カードへの書き込みにも対応しています。また、カードに紐づくルールや数値は、パッドにカードをのせると自動で判別、計算するので、プレーヤーは難しいルールを覚えることなく単純なカード操作によりゲームが楽しめます。またセキュリティ機能
も備えており、カードの偽造などを防止します。

3.様々なゲームの種類に対応する2 台接続
一台のスマートフォンに2 台のパッドをつなげて遊ぶこともでき、複数人でのゲームプレイや多くのカードを必要とするゲームなど様々な楽しみ方にも対応可能です。ソニー株式会社のプレスリリース

また、ゲーム開発者向けに専用のソフトウェア開発キット(SDK)の開発も進めており、準備が出来次第配布となる。 SONY_Project_FIELD_card_action_02 SONY_Project_FIELD_card_action_01

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「カードゲーム」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 6

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ