185

ラブライバーがキスマイ救う!? 奇跡の邂逅果たした「追いシャララ」とは

Kis-My-Ft2『Sha la la☆Summer Time』画像はAmazonより

ジャニーズ所属のアイドルグループ・Kis-My-Ft2(キスマイ)が8月24日にリリースしたニューシングル『Sha la la☆Summer Time』の追加購入運動(通称:「追いシャララ」)が一部で話題になっています。 これは、ニューシングル発売前日(フラゲ日)のオリコンデイリーランキングの結果が2位だった(1位は同じく男性アイドルグループのBOYS AND MEN『YAMATO☆Dancing』)ことを受けて、キスマイがこれまでにリリースしてきたシングルの週間ランキング連続1位を守るためにファンの間で起こった動き。

先輩グループであるSMAPの解散騒動でジャニーズ事務所が揺れ動く中、「オリコン1位」という明確な実績を残さなければ今度の活動に支障を来たす可能性があるという危機意識のもと、全国のキスマイファンたちがCDを店頭から買い占め、「シャララ狩り」と呼ばれるまでに発展しました。

しかし、「シャララ狩り」を行っていたのはキスマイのファンだけではなかったのです。

「追いシャララ」したラブライバーにキスマイファンも感謝

この「追いシャララ」には、いわゆるラブライバー(「ラブライブ!」のファンの総称)も数多く参加していました。 というのも、キスマイのメンバーのひとり・宮田俊哉さんが以前よりラブライバーを公言しており、「宮田の危機はラブライバーの危機」という仲間意識で立ち上がったラブライバーが現れたのです。 これを受けて、キスマイファンからもラブライバーに対して感謝の声が上がるように。ラブライバーとキスマイファン、あまり相容れることのない2つのクラスタがまさに繋がった瞬間でした。

みんなで叶える物語」というキャッチコピーで知られるように、「ラブライブ!」もファン参加型でつくり上げていくプロジェクトであることから、今回の購買運動に共感したラブライバーも多かったのかもしれません。

このほかにも、SMAPや小池徹平さん、窪田正孝さんといったキスマイにゆかりのある芸能人のファンや、メンバーの藤ヶ谷太輔さんが元宝塚歌劇団トップスター・蘭寿とむさんと共演したこともあり、宝塚ファンまでも「追いシャララ」に協力しました。

気になるオリコン週間ランキングの結果は、8月30日(火)に発表されます。果たして「追いシャララ」効果やいかに。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「キスマイ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 165

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ