72

最新ニュースを受け取る

「VIVA LA ROCK 2016」埼玉最大級フェスをロック好き女子大生が遊び倒す!

VIVA LA ROCK 2016

5月28日から29日にかけて、埼玉県最大の春のフェスティバル「VIVA LA ROCK 2016」がさいまたスーパーアリーナで行われました。

このフェスは月刊音楽誌『MUSICA』を発行している鹿野淳さんが手掛けているもので、2014年から開催しています。

今まではGW中である5月3日から5月5日の3日間で行われていましたが、今年はさいたまスーパーアリーナの改装工事のため、5月下旬に移動。2日間だと惜しいということで、開場/開演時間を早めたり、両日の出演アーティストを増やしたり、前日である27日には前夜祭を行ったりと様々な工夫がなされました。

今回、フェスの最終日である29日にKAI-YOUのCEO・よねさんとプランナー・かよちゃん、そして埼玉県民代表で女子大生の私・しばたゃんの3人で暴れ倒してみました!
よねさんとしばたゃんとかよちゃんさん

左からよねさん・筆者・かよちゃん

ビバラならではのコンテンツ盛りだくさん!

さいたまグルメストリート 会場外のフリーエリア・VIVA LA GARDENには埼玉とコラボしたグルメ街やアーティストとコラボしたフェス飯、ゆるキャラが大集合するショーなどビバラならではのコンテンツが盛りだくさん。 シャボン玉装置とかよちゃん 家族連れで来る方も多く、子供用の段ボール迷路や、シャボン玉装置で楽しむ子供の姿も見られました。 オトミセ 音楽にまつわる作品を展示、販売する「オトミセ」では、アクセサリーや洋服、音源などの様々な作品を販売。 小書会ブース こちらは小書会の港谷康史さんの作品。時間に応じて出演するアーティストさんのイラストを2日間ずっと描いていました。

いよいよ開演!オープニングは人気若手バンド

ここからはよねさんとかよちゃんさんを振り回してでも見たかった筆者チョイスのアーティストを紹介させていただきます。
04 Limited Sazabys「climb」(Official Music Video)
VIVA!STAGEの最初を飾った04 Limited Sazabys。名古屋で結成された4ピースロックバンドです。

テレビなどのメディアで今年流行すると紹介されたり、4月に彼ら主催の野外フェスティバル「YON FES 2016」を開催したりと勢力を上げ続けているバンド。

ハイトーンボイスキャッチーなメロディーで若い女性を中心に人気が高いです。 04 Limited Sazabys 最初の楽曲「Remember」からダイバーが続出したり、ライブ定番曲の「monolith」では大きなサークルができたりとフロアは盛り上がりは急上昇。

MCではベースボーカル・GENさんがファンの多さに「すじこみたい」といじったり、ステージの装飾である巨大な人型のバルーンを「コナンの犯人」と言ったりと観客を笑わせるシーンも。

6月1日に発売された作品『AIM』の中から楽曲「climb」も披露され、最後には「もっとかっこよくなって帰ってきます」と口にして「swin」で締めくくりました。

見てて笑顔になれる若さ溢れるライブでした。これから始まるリリースツアーに期待です。 04 Limited Sazabys 04 Limited Sazabys 04 Limited Sazabys 04 Limited Sazabys

1.Remember
2.monolith
3.fiction
4.Chicken race
5.letter
6.medley
7.nem…
8.midnight cruising
9.climb
10.swim

初のヘヴィメタル参戦!

続いてはハードコアやメタルコアを取り入れた5ピースバンド・Crystal Lake
Crystal Lake -Ups&Downs- 【Official Video】
2002年に結成から日本のみならず海外でも活動も行っており、全国から支持があります。2012年にボーカルがRyoさんにメンバーチェンジするといった困難もありましたが、さらに進化し、成長し続ける彼ら。

ビバラでははじめてのジャンルということで、どんなフロアになるのか楽しみに見に行ってきました。 Crystal Lake CAVE STAGEに入ると汗が出てくるくらいの熱気。大きなサークルの中では左回りが起こったり、ブレイクダウンではハーコーモッシュが起こったりと激しさを増していくフロア。

海外バンド・Limp Bizkitのカバー曲であるRollin’ではファン全体が体を揺らし、最後のDreamcatcherではスマホの光でフロアを包み、短いライブ終えました。

初登場とは思えない貫禄と圧倒的な迫力を感じるLIVEでした。今後さらにヘヴィメタルのかっこよさをたくさんの人に拡めてほしいと思います! Crystal Lake Crystal Lake Crystal Lake Crystal Lake

1.Prometheus
2.Matrix
3.Mercury
4.Ups&Downs
5.Rollin’
6.Dreamcatcher

勢いが止まらないレゲエパンクバンド

次は神奈川出身の4ピースレゲエパンクバンド・SiM
SiM - KiLLiNG ME (OFFICIAL VIDEO)
昨年最初で最後とした日本武道館でのライブを終え、ますます勢いが止まらない彼ら。今年は10月に横浜アリーナにてワンマンライブを行います。 SiM 1曲目からライブ定番曲「Blah Blah Blah」に盛り上がるフロア。2曲目「Faster Than The Clock」ではサークルで左回りするライブキッズたちがたくさん!

今回面白かったのは、ライブ終盤になると別のステージに移動しようとする観客の様子について、MCで「今からKiLLiNG MEやるから」とボーカルのMAHさんが言うと盛り上がるファンたち。

そんな最高潮のなか中曲が始まったところでまさかのギターのトラブル! 一旦演奏が止まってしまうことに。しかし動揺もなく、1番のサビ後から演奏をはじめた彼ら。トラブルにうまく対応し、さらに盛り上がる演奏をするというバンドの力量を感じました。

筆者は久しぶりに見たのですが、さらにパワーアップしてたのではないかなと思います! SiM SiM SiM

1.Blah Blah Blah
2.Faster Than The Clock
3.MAKE ME DEAD!
4.THE KiNG
5.GUNSHOTS
6.Amy
7.I DUB U
8.Life is Beautiful
9.CROWS
10.KiLLiNG ME
11.f.a.i.t.h

様々な世代から愛されているバンド

最後は10-FEETを観ることに!

1997年に結成された3人ピースバンドで、メロコアという括りにとらわれず、様々なサウンドを取り入れ、ファンを増やし続けています。

ライブパフォーマンスがとても魅力的でファンを楽しませたり、笑わせたり、感動させたりと1度でたくさんの気持ちを味わえます。

7月20日(水)にはなんと4年ぶりのオリジナル音源『アンテナラスト』が発売することも決まっており、ファンから期待の声が上がっています。 10-FEET 最初の楽曲「VIBES BY VIBES」が終わると「ありがとうございましたー!」とギターボーカル・TAKUMAさんがライブをいきなり締めたかと思うと「アンコール始めまーす」と2曲目に「STONE COLD BREAK」をスタート。

10-FEETのライブはスタンドから筆者たちは見ていましたが、アリーナでは入場規制が起こるほどの人の多さ。前方後方左右にそれぞれサークル、前方では飛び交うダイバーとカオスな光景でした。スタンドでも立ってライブを見てる人が多く、ファンが揃ってジャンプするとフロアが揺れるほど熱いライブでした。

MCでは「諦めの悪い奴になれ、絶対無駄にはならへん」と熱いTAKUMAさんの言葉があり、フロアの一体感もさらに増しました。

最後の「CHERRY BLOSSOM」では各々が持っているタオルがたくさん高く上げられ、あっという間のライブが終わりました。

やはり長く活動してるだけあっていろんな世代のライブキッズがフロアで暴れまわっていまいた。このライブパフォーマンスを体験したら、心が掴まれてしまいます! 10-FEET 10-FEET 10-FEET 10-FEET

1.VIBES BY VIBES
2.STONE COLD BREAK
3.RIVER
4.super stomper
5.2%
6.1sec.
7.その向こうへ
8.風
9.goes on
10.CHERRY BLOSSOM

ちょっとしたハプニングも!?

VIVA!STAGEで行われたTOTALFATのライブ。リハーサルの時にライブキッズに混ざり、前に突っ込んだよねさん。リハーサルが終わって戻ると眼鏡を落としたことに気付きました(その間約30秒)。焦って探しましたが見つからず…。やや諦めモードでインフォメーションに行くとなんとよねさんの眼鏡が!!

落とし物がすぐに届くことに驚きとありがたさを感じました。

その後にかよちゃんさんはスマホ、終盤にはまたしてもよねさんが一眼レフをなくすトラブルもありましたが、全て見つかりました。よかった。というよりか、みなさんなくしすぎな気がする…。

あっという間の1日でした

その他にも回ったり、食べたり、休憩したりして、あっという間に1日が終わりました。さまざまなジャンルの音楽に触れることのできる楽しいフェスでした。

VIVA LA GARDENで楽しむ家族の姿を見て埼玉のアットホーム感がとても感じられました。高校生の時に埼玉で大きなフェスをやらならないかなと考えていた私にとっては念願のビバラでした!

来年からビバラは例年通り5月3日(水)4日(木)5日(金)に開催する予定となっております。翌日に行われるスガシカオデビュー20周年イベントとのコラボも決定しており、ますますパワーアップする模様。来年はどんなアーティストが出演するのか楽しみです。

執筆者:しばたゃん

こんな記事も読まれています

イベント情報

VIVA LA ROCK 2016(終了済みイベント)

開催日 2016年5月28日(土)、29日(日)
開催場所 さいたまスーパーアリーナ
開催時間 開場/8:30 開演/10:00 終演/21:00
主催 FACT、DISK GARAGE

関連キーフレーズ

「港谷康史」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 15

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ